『#家族募集します』佐久間晃嗣プロデューサーが語る第7話見どころ 重岡大毅の男気エピソードも

ドラマ
2021年09月10日

ジャニーズWESTの重岡大毅主演ドラマ『#家族募集します』(TBS系 毎週(金)後10・00~10・54)の第7話が9月10日(金)に放送。佐久間晃嗣プロデューサーから見どころコメントが到着した。

本作は、それぞれに悩みや秘密を抱えるシングルファーザー&マザーたちが、ひとつ屋根の下で子育てをしながら共に過ごし“家族”になっていく姿を描く、新時代のホームドラマ。主演に重岡大毅(ジャニーズWEST)、ヒロインに木村文乃、共演に仲野太賀、岸井ゆきのを迎えて送る。脚本は『山田太郎ものがたり』『カンナさーん!』などを手掛けたマギー。オリジナル脚本で、“家族とは何か”“家族といる時間の大切さ”をハートフルに描く。

9月10日放送の第7話では、妻・みどり(山本美月)の思いを胸に、新しい絵本を作ることに決めた俊平(重岡)。みどりが残したボイスメモからアイデアのかけらを集め、新しい絵本の構想に思いを巡らせていた。

一方、にじやは子供たちの夏休み真っただ中。黒崎(橋本じゅん)がみんなで旅行に行こうと提案するも、蒼介(仲野)はお店、めいく(岸井)はバイトがあるため、全員での旅行はやむなく断念。すると、いつき(板垣樹)が「お父さんと2人で行きたい」と言いだし、黒崎は戸惑いながらも初めての父娘二人きりの旅行へ行くことに。

さらに、俊平と陽(佐藤遙灯)、礼(木村)と雫(宮崎莉里沙)も4人で海に出かけることが決まり、それぞれの“家族旅行”へ出発。留守番の大地(三浦綺羅)も、秘密の夏休み計画を立てていた。しかし、それぞれが夏の思い出作りを楽しむ中、思いがけないトラブルが発生。特別な1日は思わぬ方向へと展開する。

佐久間プロデューサーは、「俊平と礼が、海辺でボイスレコーダーのみどりの声を聴くシーンに注目です。俊平にとって、みどりを知らない人にその声を聴いてもらうのは初めてのこと。礼にとってももちろん気楽に聴けるわけはなく、その声を慈しむように大切に、聴くことになります。重岡さんも木村さんもこのシーンをとても大切に考えてくださっていて、何度も話し合いながら撮影を進めていきました。二人がみどりの声から何を受け取ったのか、ぜひご覧いただけたらと思います」と見どころを紹介。

さらに「海での撮影終わり、まずは重岡さんが子供たちと海に入って遊び始めました。まだ濡れていないスタッフを見つけては海へと誘い始めた重岡さん。終いにはその場にいたスタッフのほとんどがびしょ濡れ状態に、、、帰り際、濡れてしまったスタッフ用にと、車にあったジャニーズWESTのツアーTシャツをたくさん渡してくださった重岡さん。座長らしい男気を感じました」と海での撮影秘話を明かした。

金曜ドラマ『#家族募集します』
TBS系
毎週金曜 後10・00~10・54

この記事の写真

©TBS