綾野剛・福士蒼汰らが舞台裏を語る『アバランチ』撮影現場のドキュメンタリー映像公開

ドラマ
2021年10月25日

綾野剛が主演を務める月10ドラマ『アバランチ』(カンテレ・フジテレビ系)の舞台裏を追ったドキュメンタリー動画「Document of Avalanche」が、ドラマ公式YouTubeチャンネル(ドラマ『アバランチ』公式/AVALANCHE Channel)にて公開された。

本作は、綾野剛主演の映画「ヤクザと家族 The Family」、映画「新聞記者」などを手掛けた藤井道人がチーフ監督として参加。主人公・羽生誠一(綾野)が所属する、謎に包まれたアウトロー集団・アバランチ(Avalanche=雪崩)の活躍を描き、人々の正義感に訴えかける劇場型ピカレスク・エンターテインメントだ。

主演の綾野のほか、アバランチのメンバーとして、警視庁特別犯罪対策企画室・室長の山守美智代役に木村佳乃、山守の部下の警察官・西城英輔役に福士蒼汰、天才ハッカー・牧原大志役に千葉雄大、元自衛官・明石リナ役に高橋メアリージュン、元所轄刑事・打本鉄治役で田中要次が出演している。

10月18日(月)に放送された第1話では、藤井によるこだわり抜かれた映像美のなかで描かれる、アバランチによる過激かつ痛快な活動、第1話の“隠しゲスト”として磯村勇斗の出演、UVERworldによる主題歌音源、ドラマと連動したYouTube生配信など、多くの驚きが用意されていた本作。初回放送までの謎に包まれた世界観から一転、その名の通り、雪崩のように押し寄せてくる情報が大きな反響を呼んだ。

そして今回公開されたのは、第1話の撮影現場に密着した映像と共に、綾野、福士、高橋のインタビューを収めた8分28秒のドキュメンタリー映像。映像内では、撮影現場について「大袈裟ですが、日々感動しながら立ち続けている」と語る綾野が、作品やスタッフへの率直な気持ちを口にする。また、羽生というキャラクターについて、綾野が感じる“羽生に許された特権”とは?

続けて、綾野が「僕が裏の主役で、彼が表の主役」と評した福士は、「やばいな…」と笑みを浮かべながらも撮影現場での綾野との関係を語るほか、「ドラマでは経験したことがない」という『アバランチ』の撮影手法についても明かす。

さらに、綾野と共に激しいアクションを繰り広げる高橋も「羽生無双」と呼ぶ綾野の格闘シーンについてエピソードを披露するなど、見どころ満載の内容となっている。

そんな本作の第2話は、10月25日(月)午後10時から放送。単なる事件解決モノのドラマではなく、登場人物たちの正義感のぶつかり合いが見るものを熱狂させるエンタメ作品から目が離せない。

この記事の写真(全6点)

動画

ドキュメンタリー映像

番組情報

『アバランチ』
カンテレ・フジテレビ系全国ネット
毎週月曜日 後10・00〜10・54

WEB

公式HP:https://www.ktv.jp/A/
公式Twitter:https://twitter.com/avalanche_ktv
公式Instagram:https://www.instagram.com/avalanche_ktv/

©フジテレビ