『二月の勝者』第3話 オフモードの黒木(柳楽優弥)が転塾希望の生徒にかける言葉とは?

ドラマ
2021年10月30日

柳楽優弥主演のドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』(日本テレビ系 毎週(土)後10・00~)の第3話が10月30日(土)に放送される。

本作は、累計200万部以上の中学受験の実態をリアルに描いた人気漫画が原作。主人公の最強で最悪なスーパー塾講師・黒木蔵人を柳楽、冷徹な黒木に反発する新任講師・佐倉麻衣を井上真央、黒木に執着し続ける超名門中学受験塾のトップ講師・灰谷純を加藤シゲアキが演じる。

10月23日(土)に放送された第2話では、黒木がトレードマークのピシっとした髪を乱し、ネクタイを緩めながら笑みを浮かべ夜の街に向かった“オフ黒木”のシーンが話題に。「オフ黒木さんかっこよすぎ…黒木さんの秘密って何?」「勉強が手につきません」「オフ黒木先生に惚れそう」「柳楽優弥すごい!このギャップかっこいい」とこれまでのキッチリした黒木校長の姿とのギャップに反響が集まった。

第3話では、「桜花ゼミナール」からトップ講師・灰谷純(加藤シゲアキ)がいる名門中学受験塾「ルトワック」に転塾を希望する前田花恋(田中絆菜)が、「ルトワック」に見学に行く。花恋の転塾に焦る講師たちに黒木は「放っておきましょう」とひと言。そんな中、体験授業に参加した花恋だったが、ルトワックの授業スピードやハイレベルな生徒たちに圧倒され、夜遅くまで勉強するほど自分を追い込んでしまう。

ある日、偶然花恋を見かけた佐倉は花恋の脚に付けられた傷痕に気付く。佐倉からその様子を聞いた黒木は「そろそろなのかもしれない」と意味深な言葉をつぶやく。その夕方、疲れ切った様子で街を歩く花恋に怪しい人影が。それは髪もボサボサ、ネクタイも緩めたオフモードの黒木だった。黒木は花恋にどんな言葉をかけるのか。さらに、黒木は夜の街で一体何をしているのか、その正体が徐々に明らかになる。

『二月の勝者-絶対合格の教室-』
日本テレビ系
2021年10月30日(土)後10・00~

この記事の写真