日曜劇場『DCU』佃典彦が阿部寛演じる新名が信頼を寄せる上司役で出演決定【コメントあり】

ドラマ
2021年11月10日
主演の阿部寛(左)と佃典彦

2022年1月期に放送される阿部寛主演のTBS日曜劇場『DCU』(毎週(日)後9・00)に、佃典彦が出演することが決定した。

本作は、水中の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」を舞台にしたオリジナルドラマで、水にまつわる事件・事故とそこに隠された謎に迫るウォーターミステリー。「DCU」は、Deep Crime Unit(潜水特殊捜査隊)の略称で、海上保安庁に新設された水中事件や事故の捜査を行うスペシャリスト集団。彼らの使命は、従来の海上水域だけでなく警察の捜査では困難な「危険極まりない日本全国の河川や湖」など、あらゆる水中に潜り隠された証拠を探し事件を解決すること。“水中未解決事件を解明すること”が彼らのミッションだ。

このたび、海上保安庁の警備救難部部長・佐久間雄二役で佃典彦の出演が決定した。佃は演劇の脚本・演出を手掛ける劇作家として活躍しながら、俳優としても活動している。

そんな佃が演じる佐久間部長は、警備救難情報課の出身で新人時代の新名(阿部)を育て上げた直属の上司。新名が最も信頼する人物である。海保上層部からの信頼も厚く、佐久間の進言によって「DCU」の発足が実現し、新名が隊長に選出された。設立の立役者ゆえ「DCU」の成功が自身の出世に直結している。そのために最も信頼している部下・新名を隊長に推薦したという側面も持つ。捜査の最前線ではなく、権力構造の中で「DCU」のために動く佐久間部長の活躍に注目だ。

佃典彦
佃典彦 コメント

僕なんかを名古屋から呼んでいただいてホントにありがたいですし、光栄だと思っています! 最初にこのお話を聞いたときは、どういうドラマになるのか全く想像できなくて。怖いというわけではないんですが単純にワクワクというわけでもなく、何か壮大な“わけの分からないもの”を目の前にしてたじろいでいる感じでした。ただ、台本を読んでみたら架空の組織なのにすごくリアリティを感じて。実在してもおかしくない描かれ方をしていて話の展開も早いのでワクワクしながら台本を読み終えました。僕が演じる佐久間は「DCU」を支える立場なので、この組織と阿部寛さん演じる新名隊長をはじめ隊員のみんなを愛するところから役作りを始めました。そしてこの「DCU」という組織にまるで親のように愛し励まし叱咤することができたらいいなと思っています。

阿部さんとは先日初めてせりふのやりとりを交わしたんですが、想像どおりというかテレビで見ていたとおりというか、体も大きいし迫力ありますよね。目ヂカラも強いし真っすぐ視線が飛んでくる感じ。それを僕が真正面から受け取るときもあるだろうし、ちょっとかわしたり押し返さなければならないこともあるでしょう。そういうやりとりを楽しみにしています。

このドラマは台本が非常に面白いというか、後半どうなっていくのか僕自身もすごく興味があります。いま僕が「この人はどうなっていくんだろう」「あの件はどうなるんだろう」とワクワクしているのと同じように、視聴者の皆さんにも楽しんでいただけたらうれしいなあと思っております。

プロデューサー・伊與田英徳 コメント

どんなに不可能だと思われる役も、可能にしてしまう。そんな頼もしい兄貴肌の役者さんです。しかも、さらにリアリティーが増すんです。今回、「DCU」という、水に特化したエリート集団を作ったという、架空の役柄にリアリティーを吹き込めるのは佃さんしかいらっしゃらないと思いオファーさせていただきました。

先日のクランクインの時には、海保の部長にしか見えませんでした。阿部さん演じる新名の上司として、どんなお芝居をみせていただけるのか楽しみでなりません。佃さんはご自分で作・演出している劇団の主宰もされていて、実は岸田國士戯曲賞も受賞されている方なんです。そんな方に、台本の内容を評価していただいて大変うれしく思います。今後の展開、佃さんがおっしゃったように、皆さんにワクワクしていただけるように頑張っていきたいと思います。

日曜劇場『DCU』
TBS系
2022年1月スタート
毎週日曜 後9・00

この記事の写真

©TBS