『この初恋はフィクションです』公式YouTubeの全話配信に英語・中国語・韓国語字幕が追加

ドラマ
2021年12月06日
倉科泉(飯沼愛)と祖父江広樹(鈴鹿央士)

月曜から木曜の深夜0時40分から15分枠で放送中のよるおびドラマ『この初恋はフィクションです』(TBS系)。このたび、TBS公式YouTubeでの全話配信に、英語・中国語・韓国語字幕が追加されることが決定した。

民放初の試みとして、YouTubeでの全話配信を実施中の本作。より多くの人に楽しんでもらえるように、英語・中国語・韓国語字幕をつけていくことが決定。12月3日(金)午後7時から、第1週の第1話〜第4話が字幕付きで見られるようになった。

今後も、毎週金曜日に1週分ずつ字幕がつけられる予定だ。これまでの放送回はすべて、TBS公式YouTubeチャンネル「YouTuboo」で公開。毎週金曜日の朝5時に、最新話までを配信している。

11月30日(火)の放送でついに“謎の転校生”祖父江が登場し、演じるのは鈴鹿央士であることが明らかになり、「やっと会えて感動…!」「ソブーが噂通りのイケメン!」などSNSでも話題に。LINEでのやりとりのみだった泉(飯沼愛)との初々しい対面での会話や、どんどん縮まる2人の距離感にキュンキュンすると評判だ。

しかし、2日(木)の放送では仲睦まじい2人のところに、以前から泉に執拗につきまとったり、いやがらせをしてきた早乙女(山時聡真)が現れて、波乱の展開に。順調そうだった2人は、果たしてどうなってしまうのか。第9週にも注目だ。

動画

第9週(12月6日〜12月9日放送)あらすじ

祖父江(鈴鹿央士)を恨む早乙女(山時聡真)に、思い切って何があったのかを聞く泉(飯沼愛)。2人の過去の因縁を聞かされるが、そこに誤解があるように思う泉は、祖父江と早乙女を引き合わせることに。
いっぽう、学校では文化祭の準備が着々と進んでいた。すると、祖父江から待ち合わせをして一緒に学校に行こうと言われうれしくなる泉。その矢先、祖父江の元に一通のメールが届く。それが原因で、祖父江にはある悩みの種ができてしまい、再び学校から足が遠のいてしまうのだった。
そんな中、ノジ(坂東龍汰)はカフェでバッタリと祖父江に遭遇。文化祭での劇のセリフの言い回しに悩んでいたノジは祖父江から的確なアドバイスをもらい、喜ぶ。そんなノジの姿を見た祖父江は、ひとり放課後の学校へと向かう。そして、祖父江は泉にそのメールの話をする決意をするのだが…。

番組情報

この初恋はフィクションです

よるおびドラマ『この初恋はフィクションです』
TBS系
毎週(月)〜(木)深0・40〜0・55(※一部地域を除く)

この記事の写真

©TBS