渋谷風花が『この初恋はフィクションです』第5週から登場「私が女優になる日_」特別枠で出演権獲得

ドラマ
2021年11月07日
蓮見なるを演じる渋谷風花

よるおびドラマ『この初恋はフィクションです』(TBS系 毎週(月)~(木)深0・40~0・55)の追加キャストとして、渋谷風花が登場することが決定した。

TBS初の試みとして深夜にドラマを帯番組で放送する本作は、企画・原案を秋元康、脚本を『おっさんずラブ』シリーズ(テレビ朝日系)、『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)、『恋はDeepに』(日本テレビ系)などを手掛けた徳尾浩司が務めるオリジナルの青春群像ラブストーリー。また、民放初の試みとして、YouTubeで全話配信を実施。1話約15分という特性を生かし、月曜日から木曜日の放送回をその週の金曜日にYouTubeで一挙配信している。これまでの放送回は全てTBS公式YouTubeチャンネル「YouTuboo」で配信中。

このたび、11月8日(月)~11日(木)放送の第5週から、渋谷風花の出演が決定した。渋谷は、主人公・倉科泉を演じる飯沼愛や、谷田紗羽役の武山瑠香と同じ「TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』」のプロジェクトメンバーで、特別枠としてドラマ出演権を獲得。彼女の持つ独自の雰囲気や圧倒的な存在感から、当初1人を予定していた特別枠に、さらに1枠追加され急きょドラマ出演が決定した。

他のメンバーとは違い、急きょ出演が決定したため、第5週からの登場となる渋谷が演じるのは、泉と、窪塚愛流演じる田野来玖と同じ塾に通う、蓮見なる。人見知りで口数が少ないが、どうやら祖父江の過去を知っている様子で、後半の物語のカギを握る存在となる。

第4週の放送では、三者面談をきっかけに家出をした泉。向かったファミレスにはノジこと野島啓介(坂東龍汰)が来たが、祖父江らしき人が走り去っていく姿も。そして第5週では、ノジからアプロ―チを受ける中、泉と祖父江の距離も着実に近づいていく。しかし、あることをきっかけにずっと続いていたLINEが思わぬ展開になってしまう。

<第5週 あらすじ>
凛(赤穂華)からの告白に背中を押されたノジ(坂東龍汰)は、ついに泉(飯沼愛)への告白を決意。
同じ頃、演劇をやりたいという自分の思いに気づいた泉は、学校で演劇部の公演メンバー募集の張り紙を見つける。久しぶりのお芝居に、充実した日々を送る泉。祖父江から一向に来ない返信が気になっていた泉は、演劇部に誘われた話をLINEする。それがきっかけで泉と祖父江のLINEが思わぬ展開になってしまう…。
そして、ノジはついに泉に告白。泉は「少し考えさせてほしい」と返事をする。果たして、泉の出した答えとは…。

よるおびドラマ『この初恋はフィクションです』
TBS系
毎週月曜~木曜 深0・40~0・55(※一部地域を除く)

この記事の写真

©TBS