『ハンオシ』清野菜名が涙のクランクアップ!坂口健太郎は初志貫徹の笑顔「チーム“ハンオシ”のおかげ」

ドラマ
2021年12月21日
クランクアップを迎えた清野菜名と坂口健太郎

清野菜名と坂口健太郎が出演する火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系)が12月21日(火)に最終回を迎える。

先日、無事にクランクアップを迎え、約4か月の撮影を走り抜けたチーム“ハンオシ”。最後のシーンを撮り終え、ねぎらいの花束を渡された清野と坂口は対照的な表情を見せた。清野は、不安や焦りの中、共演者やスタッフの協力を得て走る抜けることができたことへの感謝の気持ちを涙ながらに語った。

一方、坂口は終始笑顔。実は、作品がスタートした時から笑顔を貫くことを決め、実践していたことを告白。最後の最後まで笑顔を絶やさなかった。

そして、ドラマは今夜ついに最終回を迎える。ついにライクからラブへと、お互いの気持ちを確かめることができた明葉 (清野)と百瀬(坂口)。一から付き合いを始めることになり、明葉は百瀬と暮らしていた家へと帰ることになった。明葉がおそろいのものを買ってきてくれて百瀬は幸せでいっぱい。“初めての両想い”に浮かれる百瀬は、仕事で取引先の相手にも「妻が…」と明葉の作品を自慢げに語ってしまう。すると、その取引先が明葉を指名して森田デザインに仕事を依頼。明葉は自分の実力が評価されて、指名されたと思って喜んでいた。そんな中、一緒に暮らしていた家を退去しなければいけない事態に。2人が最後に出した“答え”とは…。

清野菜名 コメント

終わりましたね! スタッフの皆さまには本当にご迷惑をおかけしましたが、でも皆さまの支えがあって、無事にクランクアップを迎えることができて本当に感謝しております。最初は不安なこともたくさんありましたが、坂口さんはじめキャスト・スタッフの皆さまに現場で明るく盛り上げてもらえて毎日楽しく撮影に臨めました。最終回もぜひご覧になってください!

清野菜名
坂口健太郎 コメント

お疲れ様でした! 終わりました! この現場ではクランクインした時から、ずっと笑顔で楽しくいようと思って臨みました。決めたことを最後までできることはなかなか難しいのですが、最初から最後まで笑顔で楽しくいられたのは、チーム“ハンオシ”のおかげと思っております。
けがもなく無事に撮影を乗り切れてとてもうれしいです。この現場の空気感は絶対に伝わると思っておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

坂口健太郎

番組情報

火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』最終回
TBS系
2021年12月21日(火) 後10・00~10・57

この記事の写真

©TBS