寺島しのぶが公取委の審査長役に挑む!『競争の番人』主人公の過去を知る重要な役どころを熱演

ドラマ
2022年05月30日
『競争の番人』寺島しのぶ©フジテレビ

坂口健太郎と杏がW主演を務める、7月期の月9ドラマ『競争の番人』(フジテレビ系 午後9時〜9時54分)のレギュラーキャストとして、寺島しのぶの出演が決定。寺島よりコメントも到着した。

本作の原作は、現在放送中の月9ドラマ『元彼の遺言状』の原作者であり、第19回「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞した、新進気鋭の作家・新川帆立による最新刊「競争の番人」(講談社)。

坂口健太郎演じる、天才で理屈っぽくひねくれ者の小勝負勉と、杏演じる実直で感情のままに行動する元刑事の白熊楓が、公正取引委員会・第六審査、通称“ダイロク”の職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、経済活動における自由で公正な競争の場を守るために目を光らせる「競争の番人」として、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく。

誰もが一度は聞いたことがあるが、その実態についてはあまり知られていない行政機関・公正取引委員会を舞台とした “凸凹バディのエンタメ・ミステリー”だ。

この度、レギュラーキャストに決定した寺島しのぶが演じるのは、小勝負や白熊が所属する公正取引委員会の第六審査長・本庄聡子(ほんじょう・さとこ)。もともと、公取委には第一審査から第五審査までが存在しており、小勝負や白熊がいる第六審査は公取委の可能性を広げるために本庄が新たに立ち上げたチームだ。

そして本庄は、謎多き小勝負の過去を知る唯一の人物でもある。突然公取委に来ることになった新人の白熊に対して「小勝負くんのこと、お願いね」と託す本庄。果たして、“ダイロク”を立ち上げた狙いや小勝負との関係は…。

公取委が調査する上で、重要事項の決断は、公取委のトップにいる委員長と4人の委員の議決で決められる。そのため、大きな企業の捜査などは委員会での承認が必要。普段は物腰穏やかで上品な本庄だが、小勝負や白熊が企業の不正を暴く証拠を見つけるため、委員会のトップを自ら説得するなど“競争の番人”として内側には誰よりも熱い正義心が。さまざまなトラブルに見舞われるダイロクを要所要所できっちりとまとめあげる第六審査長・本庄によって、物語の展開がさらに加速していく。

坂口、杏とは初共演となる寺島は「こういうキャラクターだというのをとても分かりやすく演じていると思います。それぞれの役割がハッキリしていないと面白くないと思うので、そういう意味ではお2人だけでなく、ダイロクのみんながしっかりと役を全うしていますね」とキャスト陣を称賛。

続けて、本作について「公正取引委員会ってこんなことをしているんだということが、とても痛快に描かれています。台本が難しく考えなくても楽しく読めるので、映像になっても視聴者の皆さんに楽しくお付き合いいただけると思います。ぜひご覧になってください!」とアピールを寄せた。寺島のコメント全文は、次ページに掲載。

  1. 1
  2. 2