『六本木クラス』第5話 新(竹内涼真)に優香(新木優子)が決別宣言…茂(香川照之)との直接対決も

ドラマ
2022年08月04日
『六本木クラス』©Kwang jin /tv asahi

竹内涼真主演ドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系 毎週木曜 午後9時~9時54分)の第5話が、8月4日に放送される。

本作は、絶望の淵に立たされた青年が復讐を誓って、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく仲間と共に立ち向かっていく姿を描いた韓国ドラマ『梨泰院クラス』を、日韓共同プロジェクトでリメーク。竹内涼真を主演に迎え、東京・六本木を舞台にしたジャパン・オリジナル『六本木クラス』として、全13話という大スケールで放送している。

7月27日放送の第4話では、酔っぱらった優香(新木優子)が新(竹内)にキスを迫ったところ、なんと葵(平手友梨奈)が豪快なディフェンスを繰り出すという衝撃の展開で幕を閉じ、SNSでは「そうくるか!と度肝を抜かれました」「めっちゃ笑った!」「キスカットおみごと」などの声が続々と上がった。

これまで優香と葵は言葉でけん制し合うことはあったが、ついに体当たりでの行動に出た葵。8月4日放送の第5話では、葵はなんと「私、社長が好きなんです」と優香に告げ、またしても優香VS葵のバチバチ対決が繰り広げられる。

新をめぐる恋の三角関係はますますヒートアップの様相を見せるが、その一方で、優香が新に「今まで本当にありがとう。私のことはもう、諦めて」と告げるシーンも。新と優香の間に一体何が起きたのか、新展開を見せる恋の行方にも注目だ。

『六本木クラス』©Kwang jin /tv asahi

また、葵と龍二(鈴鹿央士)も加わり再スタートを切った新率いる「二代目みやべ」は、マネージャー・葵の力も借りて店を盛り上げ、問題だった“味も無事に解決。勢いに乗る中、新は「二代目みやべ」の全国展開を目標に掲げていることを伝え、スタッフ一同にさらなる気合が入る。

いっぽうで、茂(香川照之)はそんな新や「二代目みやべ」を何かと気にしながらも、一軒の小さい居酒屋に過ぎないと思っていたものの、新がとったある行動がついに茂を動かす。

新が刑務所に服役中に対面して以来の再会となる今回。かつて茂とその長男・龍河(早乙女太一)によって父の命を奪われた上に事件をもみ消され、絶望のどん底に突き落とされる中、“復讐という生きる目的を見つけ、長い月日をかけて着実にここまで突き進んできた新が、思いもよらない逆襲に出る。

なお、テレビ朝日公式YouTubeチャンネルでは、これまでの第1話~3話までが6分で分かるダイジェスト動画をはじめ、第4話の名シーンを凝縮した切り抜き動画が公開中。動画配信プラットフォーム・TELASAでは、ドラマの裏側を公開中の配信オリジナルコンテンツ『ウラ六本木クラス』#2が、第5話放送終了後に配信スタートとなる。

1~3話ダイジェスト<6分で丸わかり編>

名シーンまるごと切り抜き~第4話「キスする2人に待ち受ける罠とは!?」

名シーンまるごと切り抜き〜第4話「衝撃!にんにく〇〇〇から揚げが誕生!」

名シーンまるごと切り抜き〜第4話「マネージャーに立候補した結果・・・」

第5話あらすじ

『六本木クラス』©Kwang jin /tv asahi

酔っぱらった楠木優香(新木優子)は宮部新(竹内涼真)にキスをしようとするが、それを麻宮葵(平手友梨奈)が阻止。酔いが醒めたという優香だったが、新が「二代目みやべ」の皆と飲み会をすると聞き、強引に参加する。その飲み会の席で、新は「二代目みやべ」をフランチャイズ化して全国展開するつもりであることを皆に伝える。「二代目みやべ」の皆がやる気を出し盛り上がる一方で、優香はひとり冷めた目で見ていて…。後日、長屋茂(香川照之)に「二代目みやべ」の状況を聞かれた優香は、繁盛している状況やその要因、そして全国展開を目標に掲げていることを伝えると、茂から「二代目みやべ」を注視するよう命じられる。
そんな中、葵の頑張りで「二代目みやべ」が料理対決番組へ出演できることになり、喜ぶ新は偶然会った優香にそのことを伝える。そして迎えた番組打ち合わせの日、新が番組プロデューサーと話していると、なんとそこへ長屋龍河(早乙女太一)がやってくる。対戦相手が長屋だというのだ。龍河はまたしても新を挑発し、その上プロデューサーの前でわざと新に前科があることを口に出す。さらに、龍河は優香と結婚するつもりだと言い、優香が中卒の前科者をもう相手にしたくないと言っていると伝えてきて…。

番組情報

『六本木クラス』
テレビ朝日系
毎週木曜日 午後9時~9時54分

番組公式HP:https://www.tv-asahi.co.jp/roppongi_class/

この記事の写真

©Kwang jin /tv asahi