仲野太賀主演『ジャパニーズスタイル』初回冒頭の映像が公開!全キャストが未知の領域に挑む

ドラマ
2022年10月21日
『ジャパニーズスタイル』©テレビ朝日

仲野太賀主演ドラマ『ジャパニーズスタイル』(テレビ朝日系 午後11時30分〜深夜0時)が、10月22日(土)に放送スタート。それに先駆け、第1話の冒頭4分間の映像が公式YouTubeなどで先行特別公開された。

テレビ朝日初となる“本格シットコム”土曜ナイトドラマ『ジャパニーズスタイル』。主演・仲野太賀×金子茂樹(脚本)×深川栄洋(監督)という俊英が集結し、さびれた温泉旅館「虹の屋」の玄関とロビー、従業員室・大浴場の入口とエレベーターのみを舞台に放つ、限られた空間での30分間ノンストップの群像劇だ。

斬新さとノスタルジーが共存した「虹の屋」の本格セットを舞台に、実際に観客を入れてその目の前で“ほぼ本番一発勝負”の演技を続けていくという、他に類を見ない新感覚ドラマとなっている。

そしてこのたび、10月22日(土)放送の初回に先駆け、第1話の冒頭4分間の映像が公式YouTubeほか各SNSで公開に。温泉旅館「虹の屋」の社長である父親に反発し家を飛び出したものの、うだつの上がらない毎日を送っていた哲郎(仲野)が10年ぶりの帰宅を果たすところから物語は始まる。

そんな彼と、ゲーム「UNO」に興じる流しのフラメンコダンサー・ルーシー(市川実日子)、ナゾ多き料理人・浮野(KAƵMA)とのやり取りが展開されるが、まず驚くべきは、金子脚本の醍醐味とも言える、切れ味鋭い会話の応酬劇が冒頭4分間からも見て取れること。これを、リハーサル1日、翌日に本番というスケジュールで週に2回の収録をこなしているということで、3人からは並々ならぬ緊張感が伝わってくるようだ。

そして、そんな「虹の屋」の面々を中心として展開する物語をほっこりと包み込むナレーションは、多くのドラマ、映画、舞台に出演する個性派・キムラ緑子が担当。ノンストップで行われるドタバタの群像劇を華やかに彩っていく。

『ジャパニーズスタイル』©テレビ朝日

また、各々がまとう衣装にも要注目。衣装は、多くの著名人を担当し、「シン・ウルトラマン」(2022年)など映画作品のスタイリングも務める伊賀大介が担当。市川が扮するルーシーが着る、奇抜かつスタイリッシュなジャージなど、まったく新しいノンストップ・コメディの世界観に華を添える。

やがて、とんでもないインパクトで浅月凛吾郎(石崎ひゅーい)が登場すると、観客のリアクションも一気に熱を帯びていく。ルーシーのせりふで「変な人がたくさんいる、支配人なんて完全なヘンタイ」とあるように、他キャストである要潤、檀れい、柄本明はどのような容姿で、どのような登場の仕方をして驚かせてくれるのか。

今回、先行公開されるのは番組紹介のナレーション部分までだが、仲野はなんと、冒頭から最後まで出ずっぱり。座長としての熱い決意と責任感を存分に感じられ、この後も物語を引っ張り続けるであろう期待が高まる。

“ほぼ本番一発勝負”でノンストップ撮影が行われ、あっと驚く豪華ゲストの登場など、毎回、さまざまな魅惑の仕掛けも用意する『ジャパニーズスタイル』。いよいよ10月22日(土)に迫った、何が起こるか分からないライブの臨場感が楽しめる第1話に注目だ。

冒頭4分間ノーカット映像

第1話あらすじ

主人公・柿丘哲郎(仲野太賀)は実家の旅館「虹の屋」の窮地を救うため10年ぶりの帰宅を果たすが、変わり果てた旅館の姿に絶句する。100年の伝統を誇る老舗旅館の品格やサービスは完全に消え失せ、ひと筋縄ではいかない従業員が居座る《曲者の吹き溜まり》と化していた。
口が悪い流しのフラメンコダンサー・寺門・ルーシー・数子(市川実日子)、温泉嫌いで潔癖症の支配人・影島駿作(要潤)、息子と占いに人生を捧げるシングルマザーの仲居・浅月桃代(檀れい)、その母親と一輪車を愛する少年のような従業員・浅月凛吾郎(石崎ひゅーい)、UNO依存症の料理長・浮野奏太(KAƵMA)、省エネ仕事で40年も旅館にしがみつく古株・梅越一二四(柄本明)……。
そんな強敵が待ち構えているとも知らずに旅館にやってくる哲郎は「お引き取り下さい」と家に上げてもらえない事態に。あの手この手を使って家に上がろうとするも、鉄壁の守備に跳ね返され玄関で泣き崩れる哲郎、そこに現れる謎の大男……。果たして家に上げてもらえるのか? 従業員たちに受け入れられる日はやってくるのか? さびれた旅館のロビーにカオスな嵐が吹き荒れる!

番組情報

『ジャパニーズスタイル』
テレビ朝日系
2022年10月22日(土)放送スタート
毎週土曜 午後11時30分~深夜0時

©テレビ朝日