バカリズム原案ショートショートドラマ『ノンレムの窓』第3弾放送決定!主演はほしのディスコ&吉岡里帆、佐藤隆太、木南晴夏

ドラマ
2022年12月23日
『ノンレムの窓 2023・新春』©日本テレビ

バカリズムが原案・脚本を手掛ける“新感覚ショートショート”ドラマ第3弾『ノンレムの窓 2023・新春』(日本テレビ系 午後10時)が、1月7日(土)に放送されることが決定。バカリズム、主演を務めるキャストよりコメントが到着した。

本作は、数々のドラマ・映画の脚本を執筆し、向田邦子賞やギャラクシー賞を受賞するなど、脚本家としても才能を発揮するバカリズムが、独創的な世界観とウィットに富んだ笑いを織り交ぜ、珠玉のストーリーを生み出すバカリズムワールド全開のオムニバスドラマ。

第3弾となる今回も、“夢と現実”“現実と非現実”その狭間を行き来するバカリズムワールドのちょっと不思議な3つのショートストーリーを送る。原案・脚本だけでなく、今回もバカリズム自ら“窓先案内人”としてドラマの幕間に登場。斉藤由貴が演じる“顔を一切見せない謎の女性マドカ”との不思議な掛け合いにも注目だ。

それぞれ主演には、パーパー・ほしのディスコ&吉岡里帆、佐藤隆太、木南晴夏が決定。バカリズム脚本の第1話『匿う男』は、今回がドラマ初主演となるほしのと吉岡のW主演。ほしのが演じるごく普通の男・中野の家に切羽詰まった様子で突然現れる女性・真央を吉岡が演じる。

第2話『代行社会』は、あらゆることを代行するプロの代行業者のベテラン社員・山﨑を佐藤が演じる。共演者は、勝村政信、温水洋一ら。第3話『大人になってからの友達作り』は、1月8日(日)スタートするバカリズム脚本の新日曜ドラマ『ブラッシュアップライフ』に出演する木南が、彼氏とも別れ、激務からも解放されて暇になり親友を必死で探す女性・英子を演じる。木南と実生活でも仲が良い香椎由宇も出演。

バカリズム コメント

◆第3弾『ノンレムの窓』の放送が決定して

めちゃくちゃうれしいです! 定期的にやっていけたらなと思っていたので、いい調子ですね(笑)。日本テレビの恒例番組として、この感じで定着させていただきたいですね。

◆出演者について

今回も、とても豪華ですよね。ありがたいです。全部の撮影現場に行きたいくらい、豪華な皆さんに出演いただき、本当にありがたいです。

◆原案・脚本を担当されたほしのディスコさん&吉岡里帆さん主演「匿う男」について

ある日突然、きれいな女の人が匿ってくれと家に来るという、ワンシチュエーションのお話です。今回、僕の事務所の後輩のほしのディスコ君に中野を演じてもらったんですけど、正直この役は僕がやりたかったです(笑)。「窓先案内人」という立場上、中野を演じることは出来なかったですが、これまでの『ノンレムの窓』の作品の中でもこの役はやりたかったです。吉岡(里帆)さんとワンシチュエーションでずっとお芝居できるというのは羨ましいですね。

◆視聴者へメッセージ

今回もすてきな好きな役者さんばかりで、僕もとても楽しみです。不思議なお話ばかりになっております、ぜひ観てください。

「匿う男」主演:ほしのディスコ コメント

◆『ノンレムの窓』への出演が決定して

お話をいただい時は、本当にドッキリだと思っていたんです。バカリズムさんが脚本ってことで「もしかしたら、本当か?」という期待もあったのですが、吉岡里帆さんも出演されるというのを聞いて 100%ドッキリだと思っていました。しかし、全く撮影のスケジュールがバラされないので日に日に焦りが生じてきて「バカリズムさん大抜てきしすぎ!」と思いました(笑)。僕なんかでいいのか、今もまだ信じられないです。

◆「匿う男」の中野を演じて

主人公って、正義感が強いとかすごく良い人の場合が多いと思うんですけど、この作品は、卑屈で友達もいなそうな腹黒いオタクが主人公なところが新しいなと思いました。それがより、バカリズムさんのモノローグで見せる部分に、一層生きて面白い作品になっていると思います。

◆視聴者へメッセージ

ほぼドラマ初出演なので、見てくださる方に満足してもらえるものが撮れたか不安ですが、全力で頑張りました!撮影中、皆さんが寒いって言っている中、僕一人だけ全然寒くないっていうくらいアドレナリン出して頑張ったので、楽しんで観てもらえたらうれしいです。もし、これが好評であれば2023年からは、歌手と芸人と役者の3本柱でやっていきたいなと思います! よろしくお願いします!

「匿う男」主演:吉岡里帆 コメント

◆『ノンレムの窓』への出演が決定して

前回の『ノンレムの窓』を拝見させていただき、とても面白くてすてきな番組だなと思っていたので今回オファーをいただけてうれしかったです。ほしのディスコさんも台本を読んでイメージしていた中野役にぴったりで、和やかな楽しい現場でした。

◆「匿う男」の真央を演じて

突然、女性が家にやってきて匿うことになるという、ある種のファンタジーだと思うんですが、その中でもすごく生っぽい会話劇が繰り広げられるんです。人間の関わり合いの妙というか、いびつな感じを楽しんでいただけると思います。皆さんにも「あぁ! そういう展開なんだ!」っていう裏切りの連続を楽しんでいただきたいです!

◆視聴者へメッセージ

ほしのディスコさんとは初めての掛け合いとなりました。どんなシーンも想像していた何倍もの面白さで返してくださるので、私も何度も笑いそうになりながらの撮影でした。バカリズムさんの脚本は読んでいても勝手にクスっと笑ってしまう、登場人物たちの人間味が最高です。変なんだけどなんだか憎めない。早く皆さまに見ていただきたいです。お楽しみに!

「代行社会」主演:佐藤隆太 コメント

◆『ノンレムの窓』への出演が決定して

過去に放送されたものを観させていただき、ちょっと不思議なんだけど観ていてとても心地のよい面白い作品だったので、そんな世界に自分が入り込めるのが楽しみでした。今回の脚本もすごく面白くて。一気に、2分くらいで読みました(笑)。

◆「代行社会」の主人公を演じて

僕らが想像する代行業者さんよりも1歩踏み込んだというか、本人になりきって任務を遂行するっていうのが面白かったです。正直に言うと……自分でやんなさいよ!ってことばっかりでしたけど(笑)。主人公が勤めている会社を紹介するシーンで、各所でいろんな代行が繰り広げられている様子が見えるんですけど「なんだその代行」っていうのもたくさん出てきて笑っちゃいました。放送では他の2作品も含め、ウィットに富んでいるというかユーモラスな世界をたくさん見せてもらえると思うので、僕自身も完成したものを観るのがすごく楽しみです。

◆視聴者へメッセージ

ちょっと不思議な、でもお休み前にとても心地よく見られる、面白い3つの物語になってると思います。ドラマ『ノンレムの窓』、ぜひご覧になってください。

「大人になってからの友達作り」主演:木南晴夏 コメント

◆『ノンレムの窓』への出演が決定して

不思議で奇妙なお話だけど、現実世界ともリンクして「こういうことがあるかもしれない」と思わせる面白いお話だったので撮影が楽しみでした。

◆「大人になってからの友達作り」の主人公・英子を演じて

英子は、自信にあふれるちょっとだけ嫌味な……でもそれが周りには気付かれず悪気がない、微妙なニュアンスの女性だなという印象を受けました。

◆実際に仲の良い、香椎由宇さんと共演されて

撮影でお芝居を一緒にするのが初めてだったのですが、高校生のころからお互い知っていて、事務所の演技レッスンも一緒にやっていた仲間なので共演できてうれしかったです。現実世界の延長線上というか、実生活とそんなに変わらないようなナチュラルなお芝居だったので、気恥ずかしさはそんなになかったです。

◆視聴者へメッセージ

大人になったら気が合う友達を作るのって難しいな、と私自身も思っていることが、なんと、ドラマになりました! それがまた奇妙な世界で面白いので、皆さんよかったら観てください。

番組情報

『ノンレムの窓 2023・新春』
日本テレビ系
2023年1月7日(土)午後10時~10時54分

<出演者>
バカリズム(窓先案内人)/斉藤由貴(声のみ出演)

「匿う男」ほしのディスコ、吉岡里帆 ほか
「代行社会」佐藤隆太 ほか
「大人になってからの友達作り」木南晴夏 ほか

<スタッフ>
原案:バカリズム
脚本:バカリズム、安部裕之、松島瑠璃子
監督:椿本慶次郎、上條大輔、山田信義
総合演出:内田秀実
統括プロデューサー:吉無田剛/櫻井雄一(ソケット)
チーフプロデューサー:三上絵里子
プロデューサー:小田玲奈、能勢荘志、大井章生、榊原真由子
企画協力:小林伸也(マセキ芸能社)
制作協力:ソケット
製作著作:日本テレビ

公式HP:https://www.ntv.co.jp/nonrem/
公式Twitter:@nonremmado_ntv

最新PR動画

©日本テレビ