• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「今回は新喜劇にも挑戦します!」BOYS AND MENがホールツアーで新たなチャレンジ

BOYS AND MEN ©カンテレ

 9/4(水)から6都市を巡るホールツアーをスタートさせるBOYS AND MENが、大阪・カンテレ本社で行われた囲み会見に出席し、意気込みを語った。

 東京、大阪、愛知、北海道、福岡、静岡の全国6都市を巡る『BOYS AND MENホールツアー2019~ボイメン劇場 令和旗揚げ公演~』を控えるボイメン。大阪公演をPRするため、リーダーの水野勝をはじめ、田村侑久、辻本達規、小林豊、本田剛文、勇翔、平松賢人、土田拓海、吉原雅斗が会見に出席。

©カンテレ

 水野は「今年、名古屋ドームで単独ライブをしたときは日本全国、そして世界、特にアジアからファンの方々が一堂に会してくれました。そこで、今回は僕たちが直接ファンの皆さんや、僕らをまだ知らない方々に会いに行く機会を作りたいと思い、ホールツアーを組みました」と経緯を説明。

 さらに、「全国ツアー6都市を巡るのはグループとしては初めて。メンバーも気合が入っています。『旗揚げ公演』とタイトルにもあるように、新しいことに挑戦します!」と堂々宣言した。

©カンテレ

 これに呼応するように小林も「“この会場に行って良かったな”と思ってもらえるよう、各会場で全然違うものを見せたい。滋賀出身で大阪に思い入れも強いので、“関西魂”でやり抜きたい!」と語ると、辻本は「僕らの魅力は直接会ってこそ伝わるもの。ボイメンがいるから、世間が明るくなったねと言ってもらえるようなツアーにしたい!」、本田も「僕たちは昭和の香りが漂う楽曲を歌ったりして、汗臭く泥臭くというスタイルを10年近く貫いてきました。ボイメンならではのエンターテインメントをお届けして、家族3世代、4世代に愛されるグループを目指します!」と、それぞれが熱い思いをコメント。

©カンテレ

 新しいことに挑戦するという今回のツアー。ボイメンの魅力あふれる歌やダンスのほか、タイトルに“ボイメン劇場”とあるように、今回は“芝居”という演出も用意されているという。

 水野は「新喜劇に挑戦しようと思っているんです。昔ながらのどこか懐かしくて、家族みんなで楽しめるという新喜劇と、ライブの両方が一度に楽しめる、おトクなホールツアーになっています」とアピール。

 大阪で新喜劇に挑むのはかなりハードルが高いのでは…という指摘を受けて、辻本は「5都市で少しずつ慣らしていって、最後に大阪でやりたかった」と本音もポロリ。すると水野が「ベースは僕たちがずっと見て来た吉本新喜劇ですが、今回お届けするのは…“ボイメン新喜劇”です!」と自信たっぷりにフォロー。「大阪公演では大阪にゆかりのある方を迎えてコラボできれば」と期待をこめた。

 BOYS AND MENとして大阪で本格的にライブするのは、2015年の夏以来4年ぶり。大阪公演の舞台となるフェスティバルホールについて吉原が「関西の方にゆかりのある憧れのホールだと聞いているので、そこで名古屋勢の僕たちがライブをさせてもらえるのはありがたいこと。良いステージにしたいです」と語ると、辻本は「音の響きもいいですけど、一番は相手の心に響く歌。そんな歌を歌っていきたい!」とキメ顔でおどけていた。

©カンテレ

『BOYS AND MENホールツアー2019~ボイメン劇場 令和旗揚げ公演~』は9/4(水)東京ドームシティホールからスタート。続いて9/19(水)に大阪公演が行われ、愛知、北海道、福岡、静岡と6都市を回る。

『BOYS AND MENホールツアー2019
~ボイメン劇場 令和旗揚げ公演~』
◆東京 9/4(水)@TOKYO DOME CITY HALL
◆大阪 9/19(木)@フェスティバルホール
◆愛知 9/23(月・祝)@愛知県芸術劇場 大ホール
◆北海道 10/14(月・祝)@カナモトホール(札幌市民ホール)
◆福岡 10/22(火・祝)@福岡サンパレス
◆静岡 11/23(土・祝)@静岡市民文化会館 大ホール
チケット料金:全席指定 7000円(税別)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真