• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

高所恐怖症の遠藤憲一が高さ50mの“断崖”へ!「ちょっとドキドキ」『それぞれの断崖』第4話8・24放送

『それぞれの断崖』

 遠藤憲一が主演を務めるドラマ『それぞれの断崖』(フジテレビ系)の第4話(8月24日(土)放送)に、タイトルにもある“断崖”シーンが登場する。

 本作は、志方恭一郎(遠藤憲一)の中学生の息子・恭介(渡邉蒼)が、13歳の同級生に殺害されたことをきっかけに、崩壊する家族とその再生を描く社会派人間ドラマ。シリアスな展開が続く中、第4話では、志方が取引先の営業部長だった丹野忠臣(梨本謙次郎)に会うため、“断崖”を訪れるシーンが登場する。

 静岡県南伊豆の石廊崎で行われた断崖での撮影。崖の高さは約50メートルもあり、断崖までの道のりはジャングルのようなゴツゴツした道。30度超えの暑さの中、遠藤と梨本は体に安全帯を付けて臨み、カメラマンもカメラワークで“ギリギリに立っている感”を演出した。

 しかし実は、遠藤は高所恐怖症。ロケの前に「断崖と言っても、360度海しかないと言われたら怖いけど、後ろには地面もあるでしょう。ギリギリまで行ったらやっぱり怖いだろうね。今の心境としてはちょっとドキドキかな」と明かしていた遠藤。しかし、出演者とスタッフが一丸となり、撮影が無事に終了を迎えると「もっとギリギリまで行かされてたらヤバかったけど、大丈夫だった。(大変なのは)怖さより暑さだったね、今日は。心配なのはコレ、(足元を指さして)明日は筋肉痛だね(笑)」と役者魂を見せつけた。

 また、遠藤同様、子供の頃から高所恐怖症だという梨本も「地面が平らじゃないから、遠藤さんがよろめくシーンなんか本当にコロって行っちゃう(と想像してしまい)怖かった。でも、遠藤さんが丹野との場面は、唯一笑顔で芝居ができるシーンだと話していて、志方さんが和む、癒しを求めて会いに来る場面なので、ドラマの中では救いのシーンになると思うんです。2人でニコニコできるようなシーンがいくつか撮れたので、それが良かったなと思います。まぁ、最後は衝撃的な事が待ってるので、この先どうなるのか、お楽しみに!」と笑顔で語った。

オトナの土ドラ『それぞれの断崖』
フジテレビ系
毎週(土)後11時40分~深0時35分

<第4話あらすじ(8月24日放送)>
はつみ(田中美里)が勤めるクラブに素性を隠して訪れた志方(遠藤憲一)だったが、明るく振る舞う中に見せる陰りに、苦悩や悲しみを感じ、何も告げられぬまま立ち去る。雪子(田中美佐子)は「あの家族にはもう関わらないで」と言うのだが…。会社に出た志方を待っていたのは、思いがけない部署への異動の辞令だった。まるで懲罰人事だ。志方の鬱屈は募る。一方はつみは、少年院の満(清水大登)の面会に赴くが、坊主頭で礼儀正しくあいさつをするが、目を合わさぬ満に他人のように冷たく「もう面会には来ないで」と言われる。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える