• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

美空ひばりが最新AIでよみがえる!秋元康プロデュースの新曲「あれから」も披露

 9月29日(日)に放送される『NHKスペシャル AIでよみがえる 美空ひばり(仮)』(NHK総合)の取材会が行われ、秋元康と天童よしみが登壇した。

 国民的歌手・美空ひばり没後30年となる今年。番組では、過去の資料や映像・音声を基に、最新のAI技術を使って美空ひばりを現代によみがえらせる試みに挑戦し、さらに生前最後の曲「川の流れのように」を手掛けた秋元がプロデュースする“AIひばり”の新曲「あれから」も披露。その振り付けを天童が、衣装を森英恵が担当する。

 収録を終えた天童は「私は幼いころからひばりさんを尊敬していて、ひばりさんのようになりたいというその一心で歌手として頑張ってきました。ひばりさんが目の前に現れた時は少し固まってしまい、止まることなく涙が流れて。それくらい感動しました」と歌姫への思いを語った。

 いっぽう、「一番初めに考えたのは、声の切り貼りみたいになっちゃうんじゃないか、人工の声っぽくなるんじゃないかということを心配していた」と初めて番組のオファーを受けた時の思いを振り返った秋元は、「途中経過で聞かせていただいて、単純な声の切り貼りではなく、感情や、人間とは何かと人工知能が考えたことでの作品になったと思うので、非常に感動したと同時に驚異を感じました」と感慨深げ。この番組で伝えたいことを聞かれると、「我々が勝手に作っていいのかというのは考えましたが、AIチームの皆さんやNHKの皆さんの熱意で、もう一度ひばりさんに会いたいということを念頭に作りました」と力を込めた。

 また、新曲作りのために200曲のメロディーを集めたと明かし、「語るような、それでいて歌い上げるメロディーっていうのが、もし2019年にひばりさんが新曲を出すならこういうのだろうなというので一番ピンときた。スタッフとも話し合った結果、ひばりさんの思いが乗りやすい、メロディーだけに引っ張られない感じがするのが『あれから』だと思ったので選びました」と曲への思いを語った。

9月29日(日)
『NHKスペシャル AIでよみがえる 美空ひばり』
NHK総合 後9:00~

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真