• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

A.B.C-Zが映画初主演!河合郁人「舞台を知らない人も楽しめる映画に」

A.B.C-Z

 A.B.C-Z初主演映画「オレたち応援屋!!」が2020年に公開されることが決定し、上演中の舞台「ジャニーズ伝説 2019」公演後の特別カーテンコールでサプライズ発表された。

 本作は、2016年上演のABC座「株式会社 応援屋!!~OH&YEAR!!~」が原案。5人そろって初主演となり、脚本を『おっさんずラブ』などを手掛ける徳尾浩司が担当し、監督を竹本総志が務める。

 依頼人からの要望によってさまざまなことを全力で応援する株式会社“応援屋”が存在する世界観はそのままに、キャラクター設定などは舞台から一新。人々の夢を応援することに喜びを感じ、日本中に笑顔を届けることを生きがいとしながら、自らも成長していくストーリーとなっている。

 現在上演中のABC座「ジャニーズ伝説 2019」の特別カーテンコールでベールに包まれた看板と共に登場したA.B.C-Z。謎の看板に会場がざわつく中、河合郁人が「皆さん、『ジャニーズ伝説 2019』ありがとうございました!さて、もうすぐ千秋楽というときに、この発表をしていいのか…というのがありまして」と切り出すと、戸塚祥太も「ちょっと心を落ち着けるためにも座ろうか。きっと立ってたらクラっと倒れちゃうから」と話し、会場からは「ええー!」とどよめきが起こった。

 また河合が「看板を出してきたんですが、これは特に意味がありません!」とボケると、五関晃一らからすかさず「なんでわざわざ出してきたんだよ」とツッコミが入った。

A.B.C-Z

 そして、ついにベールがおろされると、“A.B.C-Z発主演映画「オレたち応援屋!!」2020年ROADSHOW”の文字が現れ、「映画「オレたち応援屋!!」決定!」と発表。会場から歓声が起こり、塚田僚一らも「やったー!やったー!」と大喜び。

 塚田が「脚本は、『おっさんずラブ』を手掛けている徳尾(浩司)さんです」と明かすと、河合は「昔、『PLAYZONE』でお世話になってるよね。撮影は、舞台『ジャニーズ伝説 2019』が終わってからすぐなので、いい状態のまま作品に入れると思う。舞台を知らない方も楽しめると思うので、ぜひ公開を楽しみにしてくれたら」とメッセージを送った。

 その後のフォトセッションでは、会場のファンたちに「写真を撮られている間、撮られている僕たちを見ててください」と河合。また、たくさんのスチールカメラに「会場の奥までカメラがあるよ!」「すげー!」「映画見てねー!」とアピール。またムービーカメラには、会場の人たちと舞台でも行った「応援屋!」「応援屋!」コールで盛り上げた。

A.B.C-Z

映画「オレたち応援屋!!」
2020年全国公開

出演:橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一ほか
脚本:徳尾浩司
監督:竹本聡志

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える