• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大野智「皆さんが作った嵐」嵐会見全文【前編】

嵐

 嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)が、デビュー20周年となる11月3日に記者会見を開き、2020年12月31日の活動休止に向けた今後の活動について報告した。

 会見の模様はYouTube公式チャンネルでもリアルタイムで配信。その中で、5つのオフィシャルSNSアカウント開設、アジア4都市会見会開催、5×10ツアーライブビューイング決定、新国立競技場でのコンサート開催が発表された。

<会見全文【前編】>

櫻井翔:本日はお忙しい中、そして日曜日、また連休の中日に記者の皆様方お集まりいただきまして誠にありがとうございます。そして今YouTubeをご覧の皆様、あらためまして、初めまして、我々が嵐です。

相葉雅紀:イェイイェイ。

櫻井:私から冒頭に概要を説明させていただきます。
10月の9日に公式のYouTubeチャンネル開設となりまして、街中には広告がたくさんありまして、これなんなのと、嵐どうしちゃったのかなということを思った方々がたくさんいらっしゃると思います。今ご覧になっているあなた、間違いなく、こちらYouTube公式でございます(笑)。
そんなに嵐に興味ないけどちょっと見ちゃおうかなとか、ちょっと興味あるんだけどそんなに嵐見てこなかったなという皆様方、YouTubeにはたくさん我々のコンサートの動画も上がっておりますので、見ていただけたらと思います。
ようこそ、待ってました。我々が嵐です。
20年前の本日、11月の3日、我々は嵐としての生を授かりました。すなわちCDデビューをした日です。
本日の読売新聞の広告にもありましたように、代々木第一体育館の前で握手会をやったのが我々の始まりです。読売新聞の皆さま、1年間広告をお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。
あのとき来てくれた方も今見ているかな。もしかしたら我々と同世代、30代40代というのはまあちょっと忙しいときですから、嵐からは離れたという方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。これを機にまた戻ってきていただけたらと思いますので、一緒に大きな夢を描いていけたらと思っています。
1月の会見でも冒頭に申し上げましたとおり、温かみを感じられる線香花火のようなものから、どでかい打ち上げ花火のようなものまで、日々我々は考えながら、感謝の想いを伝えるべく考えながら過ごしているところであります。
その全貌を、いやもしかしたら一端かもしれません。なぜならば、我々はこれからもずっと考え続けながら日々を過ごしていくので。もしかしたら一端になるかもしれませんが、その全貌を今日お伝えしたいと…あ、違う違う、一端をか、何言ってんだ俺(笑)

メンバー:大丈夫です。

櫻井:ちょっとふわふわしてる。初めてのYouTubeだからね。大きな夢の一端をまずはお伝えしたいと思います。今日はどうぞよろしくお願いいたします。

大野智:皆さん本当に本日はありがとうございます。嵐、今日で丸20年、(メンバーを見渡して)皆さんおめでとうございます。

メンバー:ありがとうございます。

大野:本当にこの20年間僕ら活動してきましたけど、やっぱり皆さんのおかげだと思いますし、皆さんが作った嵐だと思っています。デビューしてから今日まで、今日を経て今この場に立てることが本当に感謝の気持ちでいっぱいです。本日はよろしくお願いします。

松本潤:松本です。昨日の12時からファンの皆さんが嵐おめでとうというふうにネット上に書き込んでいるのを見て、ああ20年たったなあというふうに感じています。そして、今こう20周年の日に会見をやらせていただいて、今皆さんとつながっている、いま自分たちの気持ちを伝えられる状況、とてもうれしく思っています。
そして僕らも僕らにみんながおめでとうと言ってくれましたけども、僕からすると皆さん、おめでとうございます。支えてくださった皆さんこみで嵐だと思っています。なので、みんなでこの20周年を今日一日、お祝いできたらなとそんなふうに思っています。
本当に皆さんのおかげでここまでやってくることができました。本当に感謝しています。ありがとう。
今日で21年目に入ったということでも同時にあるので、21年目、自分なりにテーマを決めてやっていこうと思っています。
そのテーマは「REBORN」。
今まで20年間やってきた中で、新たにチャレンジしたいこと、たくさん考えています。なので、ここからまたみんなと一緒に走っていきたいと思っています。よろしくお願いします。

相葉:皆さん、本当に本日はどうもありがとうございます。相葉雅紀です。
20周年、11月3日、今日で満20年を迎えることができました。そこで5人で立っていられるというのは本当に幸せなことで、すごくうれしく思っています。それもこれも支えてくれた皆さんのおかげですし、メンバーの皆さんのおかげだと思っています。本当にありがとうございます。
20年たって、これからも新しいことに挑戦できるっていうのはすごく幸せなことですし、その新しいことが見てくれている、支えてくれている皆さんのもっともっと近くに感じてもらえるようなそんな1年にしたいと思っております。
全力で頑張らせていただくので、皆さんどうかいろんなところで嵐を感じていただければと思っております。本日はよろしくお願いします。

二宮和也:二宮和也です。よろしくお願いいたします。
ファンの皆さま、20年おめでとうございます。
もちろん僕らが代表としてたくさんの方々におめでとうと言われることはあると思うんですけども、これはやっぱり皆さんと僕らで作り上げてきた20年だと思っておりますので、僕らが代表して受け止めますが、皆さんも一緒におめでとうございます。
20年というものを人間の年齢で換算すると、やっぱり成人した、大人になったということだと思います。
今回のこの場所というのは、いわば嵐の成人式だと思って、新たな抱負とその向かった先に見える21年目の展望を皆様と一緒に共有できたら思っていますので、本日はどうぞよろしくお願いいたします。

司会:ありがとうございました。

二宮:なかなか軽いありがとうございましただね(笑)

会場:(笑)

櫻井:すいませんね(笑)。いろいろと今後の活動のご報告などでお時間ちょうだいします。

メンバー:いってらっしゃい!

二宮和也「なんか株主総会みたい(笑)」嵐会見全文【後編】

松本潤「ファンと一緒に楽しみたい」嵐会見【質疑応答】

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える