• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

二宮和也「なんか株主総会みたい(笑)」嵐会見全文【後編】

嵐

 嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)が、デビュー20周年となる11月3日に記者会見を開き、2020年12月31日の活動休止に向けた今後の活動について報告した。

 会見の模様はYouTube公式チャンネルでもリアルタイムで配信。その中で、5つのオフィシャルSNSアカウント開設、アジア4都市会見会開催、5×10ツアーライブビューイング決定、新国立競技場でのコンサート開催が発表された。

<会見全文【後編】>

松本潤:ではご報告をさせていただきます。
まず、本日より、Twitter、Facebook、Instagram、TikTok、Weibo、この5つのソーシャルネットワーキングサービス、解禁します。
今話したとおり、僕ら20周年を迎えて、今まで以上にファンの皆さんと近くなりたい、そして僕らの活動をリアルタイムに届けていきたい、そんな思いから今回SNSを開設することとなりました。アカウントのURLはJ Stormの公式ホームページのほうに記載されています。また、今YouTubeをご覧の皆さんは動画の説明欄にも記載があるので、ぜひチェックしてみてください
リアルタイムでしか味わうことができないそのスピード感をSNSで表現していきたいと思いますし、SNSならではの企画も考えていきたいと思っているので、投稿を楽しみにしていてください。
ぜひフォローしてください。お願いします。
続いて、音楽配信サービスについてです。
先月10月の9日より先行配信していた5曲に加え、デビュー曲「A・RA・SHI」から最新シングル「BRAVE」まで、デビューから2019年までの全64曲のシングルを音楽配信することになりました。
また、今まで僕らはCDで音楽を届けていましたが、今回初となりますデジタル配信シングル「Turning Up」を発表することになりました。新曲と合わせて全65曲をですね、本日19時より順次音楽配信会社より全世界に配信スタートします。
また、新曲の「Turning Up」のミュージックビデオですね、こちらは本日の21時より解禁させていただきます。
同時刻にですね、嵐公式ユーチューブチャンネルのほうで、プレミア公開を行います。
僕らもリアルタイムでチャットに参加したりするので、ぜひ20時半くらいからですかね、予定してます。みんなで公開まで盛り上がって、一緒にMVを見ていただけたらと思っています。
今回、その配信をするに至った理由は大きく2つあります。
1つはファンの皆さんにいつでも自分たちの音楽を楽しんでいただきたいということ、そうすることで活動を休止している間も皆さんがさみしい思いをせずに楽しんでいただきたい、そんなふうに思ってです。
また、全世界で音楽を楽しんでもらえる環境になるということは、先日亡くなったジャニーさんの夢でもありました。自分たちのエンターテインメントを世界中の皆さんに届けることができる。
そして、ジャニーズには素晴らしい先輩、後輩がたくさんいます。僕らは期限が決まっています。だからこそ、できるチャレンジもあると思っています。僕らがやってみることで得る経験をジャニーズに還元すること。それが僕らができる恩返しだと思っています。
手さぐりにはなりますが、この新しいチャレンジをぜひみんなで楽しんでいきたいと思っているので、よろしくお願いいたします。

櫻井翔:続いて、我々が「JET STORM」と呼んでいるものについてお伝えしたいと思います。2006年にソウル、バンコク、台北と一日で回るということをしました。いわばその第2弾です。
来週11月の10日、11日の2日間で、バンコク、台北、ジャカルタ、シンガポールの4都市に、実際に我々なかなかお会いすることができなかったものですから、足を運んでごあいさつに行きたいと思います。
サブスクリプション等々、音楽を国を超えて届けることができるので、まずはごあいさつをということで、我々もワクワクしているところであります。見てるのかな?海外の人も見てるんだよね。(英語であいさつ)

二宮和也:そしてアジアの皆さんにも楽しんでいただくことはもちろんなんですが、日本のファンの皆さんにも楽しんでいただきたいという思いがもちろん僕らにもありまして、我々が昨年からツアーを回らせていただいている5×20ツアーのライブビューイングが決定いたしました。
今回のツアーは、今まで応援してくれたファンクラブの皆さん全員に見てもらうために、50公演という多くの公演をこなしてまいりました。
そして、その5×20ツアーの最終日、12月25日がいよいよ最終公演となるんですが、最終日はありがたいことにたくさんの方々から見たいというお声をいただいたので、全国47都道府県、328館、全520スクリーンでライブビューイングを行わせていただきたいと思っております。

メンバー:500?

二宮:520でございます。ちょっとなんか株主総会みたいな感じになっちゃった(笑)

会場:(笑)

二宮:520スクリーンでございます。

相葉雅紀:何人来るんですか?

二宮:だいたい16万、17万人ぐらい。

松本:わぁすごい。

二宮:その方々と同時に最終日を盛り上げていただこうという企画でございます。ぜひとも参加していただきたいなというふうに思っております。
コンサートも我々史上最大のツアーをやらせていただきましたが、そのライブビューイングも史上最大になると思っております。ぜひとも参加していただきたいなというふうに思っております。
本当に1人でも多くの方々とこのツアーのファイナルをリアルタイムで迎えられればと思っておりますのでよろしくお願いします。

大野智:そして、なんとライブが決定しました。来年の5月15日と16日にやります。
場所は…
コクリツ、キョウギジョウです

櫻井:なんでちょっと(東京五輪決定時の)「トウキョウ」みたいな言い方した?(笑)

会場:(笑)

大野:国立競技場でやります。うちらが初めて国立競技場でやらせてもらったのは2008年が最初ですけど、それから改修工事に入る前までの6年間を僕らはやらせてもらいましたけど、本当に思い入れの深い場所で、また生まれ変わった新しい国立競技場でできることを本当に楽しみにしているので皆さんぜひ見に来てください。
詳しい詳細が決まりましたらまた後日お伝えしていきます。

相葉:そしてですね、ライブをやっていると、本当にたくさんのアジアの人たちがどこどこから来てるよ~って本当にありがたいお話で、来ていただいているというのもありまして、僕ら来年の、詳しいことはまだ決まってないんですけども、北京での公演も決まりました。ありがとうございます。
2008年の「AROUND ASIA」以来となります。上海でやりましたけど、それ以来になります。
ぜひぜひその恩返しというかたちになったらいいなという思いと、アジアの人たちが一堂に会して、みんなで楽しい場所を提供できたらという思いでやっております。
そして、日本のエンターテインメントとかジャニーズに触れるきっかけになってくれたらなという思いでやらせていただきますので、ぜひ来ていただけるとうれしいと思います。
詳しいことはまた追って説明させていただきます。

大野:あらためまして、20年間嵐として走り続けてこれたのは本当に皆さんの支えがあったからだと思っています。
これからの1年間をですね、新たなチャレンジだと思いますし、そのチャレンジを皆さんと共に歩んでいけたらなと思っているので、これからもよろしくお願いします。

松本:最後に相葉さん、ひと言お願いします。

相葉:いいんですか?じゃあ、ひと言いいですか?
僕らとみんなで世界中に嵐を巻き起こしましょう!
バイバーイ!

会場:(笑)

メンバー:すばらしい!

松本:ちゃんと言えたね!

相葉:20年前から言ってるからね(笑)

大野智「皆さんが作った嵐」嵐会見全文【前編】

松本潤「ファンと一緒に楽しみたい」嵐会見【質疑応答】

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える