• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

世界大会に挑むカリスマポールダンサー・小源寺亮太に密着『情熱大陸』11・10放送

『情熱大陸』

 11月10日(日)放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系)は、ポールダンサーの小源寺亮太に密着する。

 天に伸びるポール一本で、重力に反してくるくると宙を舞い、見る者を異世界へと誘うポールダンス。官能的な美を表現するものとイメージする人もいるかもしれないが、最近では、フィットネスの延長として習う人も増え、大人から子供まで通えるポールダンススタジオがじわじわと増え続けている。また、ポールダンスの大会も年々盛んになっており、今ホットなダンスのジャンルとして認知されつつある。

 そんなポールダンス業界に王者として君臨するのが小源寺亮太だ。10年前にポールと出会い、2014年と2015年2年連続でポールキングジャパン優勝。以来さまざまな大会で、王座に輝いてきたカリスマポールダンサーだ。

 小源寺のポールダンスの魅力は、男性では珍しい柔軟性から繰り広げられる高度な技と、圧倒的な世界観。本人いわく「僕の頭の中は、ファンタジー」。小さい頃から夢見がち、人と合わせることができない、ちょっと変わった少年だったという。そんな彼の頭の中にある非現実的な世界を表現できる手段が、ポールダンスだった。

 選曲から振り付け、そして衣装まで、全てを徹底的に自ら作り上げ、見る者を異世界へと誘う。そんな小源寺を「神」「妖精」と崇めるファンも少なくない。

 番組では、北アイルランドで開催される由緒あるポールの世界大会に挑む小源寺に密着。小源寺の“現実”と“空想”の世界を見つめながら、作品が出来上がっていく過程とともに、真っすぐに貫かれるポールへの想いを描く。

<ポールダンサー/小源寺亮太 プロフィール>
福岡県出身。学校生活に馴染めず、高校を中退して上京したのは17歳の頃。当時は芸能界に憧れ、一時は歌やダンスのレッスンに通ったこともあった。アパレル関係の仕事をしていた10年前、偶然行ったイベントでポールダンスと出会い、ひと目ぼれ。研さんを重ね、2014年以降、数々の大会で優勝を重ね、名実ともにポールキングとして活躍の場を広げる。年間200本以上のショーをこなしながら、インストラクターとしても活動し、小源寺に憧れてポールダンスを始める生徒も少なくない。
ポールダンスは“美しい身体”が命。日々柔軟を欠かさず、食事や美容にも気を遣う。

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真