• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松下奈緒主演『アライブ がん専門医のカルテ』に清原翔、岡崎紗絵、木下ほうか、藤井隆

清原翔、岡崎紗絵、木下ほうか、藤井隆

 2020年1月9日(木)スタートの松下奈緒主演ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』(フジテレビ系)に、清原翔、岡崎紗絵、木下ほうか、藤井隆が出演することが決定した。松下と清原、岡崎、藤井は初共演、木下は連続ドラマのレギュラー出演としては初共演となる。

 本作は、日本のTVドラマとして初めて腫瘍内科を舞台にしたメディカル・ヒューマンドラマ。

 主人公は“がん診療のスペシャリスト”である腫瘍内科医・恩田心(松下奈緒)。腫瘍内科の英訳がメディカル・オンコロジーであることから「オンコロ先生」と呼ばれている。“治るか治らないかではなく、患者の人生に寄り添うこと”を矜持に、がんによって傷ついた患者の心までも救おうとする。学生時代に知り合った匠と結婚し、一人息子をもうける。順風満帆な毎日を送っていたが、3か月前に匠が転倒事故に遭い、緊急手術を受けるも意識が戻らないままでいる。職場では気丈に振る舞っているが、自身はいまだに現実を受け止め切れていない。

 そんな時、勤務先の病院に移籍してきた有能な消化器外科医の梶山薫(木村佳乃)と出会う。腫瘍内科の必要性を理解してくれる外科医として、そして、太陽のように明るい性格で心の支えになってくれる同僚として、この年齢になって出来た大切な友人となった彼女との出会いは、心にとって、公私ともに突然差し始めた一筋の光のように感じさせるものだった。しかし、薫には、心には明かせない、ある秘密があった。

 そんな本作で、心と共に腫瘍内科で働く“チーム・オンコロ”の医師役に、清原翔、岡崎紗絵、木下ほうか、藤井隆が決定した。

 清原が演じるのは、2年目の研修医・結城涼。さまざまな診療科を回ったのち、研修医最後の期間に腫瘍内科に身を置くことになる。医師家系のエリートで、性格はクールかつ冷静沈着でぶっきらぼう。だが、冷徹な人間というわけではなく、実は熱い思いを奥底に抱えている不器用な人間。はっきりと物を言うため、誤解されることもしばしば。家族全員が外科医であり、自らも外科医志望。研修期間に腫瘍内科を選んだ理由は、外科医としてがん診療を見ておく必要があると思った程度で、時間の隙間を見つけては外科の勉強をしているが…。

 岡崎が演じるのは、2年目の研修医・夏樹奈海。結城と同じく、研修医最後の期間を腫瘍内科で過ごす。常に前向きで、努力家だが、たまに頑張りが空回りしてしまうことも。あるきっかけから、小児科医を目指している。唯一、小児がんだけは小児科医が診ることになるため、その時のために備えたいという理由から、研修に腫瘍内科を選ぶ。心の診療方針を間近で見て学び取ろうとするが…。

 木下が演じるのは、腫瘍内科部長・阿久津晃。心たちが勤める腫瘍内科の部長。今の病院に腫瘍内科を立ち上げた当人で、立ち上げとともに心を呼び寄せた。あっけらかんとした人柄で、楽天家。部下に対しては非常に寛容で、基本的に診療は心たちに任せ、心たちの成長を見守っている。一方で自分の本分は、院内での腫瘍内科の地位向上のみならず、より多くの人に腫瘍内科の存在を知ってもらうこと、そして“がんになれば助からない”という旧来のイメージを払拭し、最新のがん治療を広く理解してもらうことだとして、頻繁に取材を受けたり、海外のがん治療を視察したりと、常に忙しくしている。

 藤井が演じるのは、腫瘍内科医・光野守男。心の同僚。もともとは優秀な麻酔科医だったが、第5子が生まれたことをきっかけに、勤務時間がある程度決まっている腫瘍内科に転科してきた。底抜けのイクメンで、妻を手伝うために定時までに仕事を終わらせて帰宅することが目標。腫瘍内科医としてのキャリアは心よりも浅いが、陽気で朗らかな人柄は医師からだけでなく、患者からの信頼も厚く、腫瘍内科の慢性的な人手不足を嘆きながらも、心と共に日々、懸命に患者と向き合っている。

清原翔

<清原翔 コメント>
◆本作のオファーを聞かれた際の感想をお願いします。

「腫瘍内科という、まだ聞きなじみがない、がん診療を行う科が舞台と聞いて、心が引き締まりました。身近にある病気だからこそ、皆さんに伝えられるようにしっかり演じたいと思いました」

◆結城を演じていく上での意気込みをお願いします。

「一見クールだけど、熱い想いがある。そんな結城をどう演じるか、本当に楽しみです。腫瘍内科の皆さんで一致団結できるよう頑張ります」

◆見どころなど、視聴者へメッセージをお願いします。

「“がん”という、きっと皆さんも身近に感じるであろう病気を扱うドラマなので、共感していただける部分があると思います。丁寧に結城涼という人物を演じたいと思います。ぜひ、皆さん楽しみにしていてください」

岡崎紗絵

<岡崎紗絵 コメント>
◆本作のオファーを聞かれた際の感想をお願いします。

「とてもうれしかったです。腫瘍内科を私自身、知らなかったので、知るきっかけになりました。医療ドラマは命あることの尊さ、人とのつながりがとても濃く出るドラマだと思うので、大切に演じたいと思いました」

◆奈海を演じていく上での意気込みをお願いします。

「一生懸命で真っすぐな女性なので、私も奈海のように真っすぐに作品と向き合い、奈海の人に寄り添える優しさを出していけるよう、精いっぱい頑張ろうと思います」

◆見どころなど、視聴者へメッセージをお願いします。

「人と人とのつながり、命の大切さを再確認できるドラマとなっていて、それだけではなく隠された過去や秘密があったりと気になる展開がたくさんあるドラマです。その部分も楽しみに見ていただけるとうれしいです」

木下ほうか

<木下ほうか コメント>
◆本作のオファーを聞かれた際の感想をお願いします。

「扱う内容が決して他人事ではなく、関心の高い問題であることから、強く責任を感じています。とはいえ、物語の中で緩和としての役割をしっかり果たせる働きをしていきたいと考えています」

◆阿久津を演じていく上での意気込みをお願いします。

「現時点でプランは立っていませんが、優れたスタッフ、キャストと取り組めることが分かっているので全く不安はありません。とくに共演者として松下さん、木村さんとは既に信頼関係が築けているので安心ですし、基本的には藤井くんに頼って、相談しながら取り組んでいきたいと考えています。また、髙野監督とも『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』以来でうれしい限りです」

◆見どころなど、視聴者へメッセージをお願いします。

「まだ発表されていない魅力的な共演者もいるので、素晴らしいチームワークをお見せすることができるはずですのでご期待ください!」

藤井隆

<藤井隆 コメント>
◆本作のオファーを聞かれた際の感想をお願いします。

「フジテレビの医療ドラマに呼んでいただいたことに驚きました。頑張ろうと思います。」

◆光野を演じていく上での意気込みをお願いします。

「先日、打ち合わせと衣装合わせでスタッフの方々とお会いしました。皆さんが丁寧にこのドラマを作っていこうとなさっている姿を見て、ご迷惑おかけしないように私も丁寧な気持ちを持って参加させていただこうと思いました。光野は5人の子供がいる医者です。きっと生きることにたくましく強い人なんじゃないかな、と思っています。どこまで体現できるか分かりませんが、ご覧いただく方に光野のそんな強さもふと感じていただけるよう頑張ります。」

◆見どころなど、視聴者へメッセージをお願いします。

「最後まで毎週ご覧いただけるような、そんなドラマになるよう頑張ります。1月9日木曜日夜10時から、どうぞよろしくお願いします」

『アライブ がん専門医のカルテ』
フジテレビ系
2020年1月9日スタート
毎週(木)後10時~10時54分

<出演者>
松下奈緒、木村佳乃、清原翔、岡崎紗絵・木下ほうか、藤井隆 他

<スタッフ>
脚本:倉光泰子(『刑事ゆがみ』『ラヴソング』)
プロデュース:太田大(『シャーロック』『モンテ・クリスト伯』)、有賀聡(『初めて恋をした日に読む話』)
演出:髙野舞(『隣の家族は青く見える』『昼顔』)
音楽:眞鍋昭大(『モンテ・クリスト伯』)

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える