“スマイリングシンデレラ”女子ゴルフ・渋野日向子に密着『情熱大陸』12・8放送 | TV LIFE web

“スマイリングシンデレラ”女子ゴルフ・渋野日向子に密着『情熱大陸』12・8放送

エンタメ総合
2019年12月06日
『情熱大陸』

 12月8日(日)放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系)は、プロゴルファーの渋野日向子に密着する。

 日本人として史上初めて、アメリカツアー・メジャー大会の全英オープンを初出場で制したプロゴルファー・渋野日向子、21歳。その優勝で、一夜にして彼女の人生は大きく変わった。トレードマークの笑顔からつけられたニックネームは「スマイリングシンデレラ」。帰国後はゴルフ界だけでなく、日本中を巻き込んだ「しぶこフィーバー」が湧き起こった。

 小学2年生からゴルフを始めると同時にソフトボールも始めた渋野。名門・作陽高校に入学し、高校2年生の時には団体で高校日本一に輝く。そして高校卒業後の2017年にプロテストを受験したが、結果は不合格。自信を持って臨んだだけにショックは大きかった。そこで現在の師匠でもある青木翔コーチと出会い、翌年のプロテストには見事合格。プロの仲間入りを果たした。

 全英オープンの優勝後は、大会に出場すれば彼女を一目見ようと多くのギャラリーが駆け付ける。そんな状況の中でもデサントレディース東海クラシックでは、8打差を逆転して優勝するなど、その勢いはとどまらない。

 しかし「全英オープン以来、パターで手が震えるようになった」という渋谷。知らず知らずのうちにプレッシャーが彼女を襲うようになったのだ。取材中、笑顔が少なくなったか?という問いに対して「私も人間だから毎日毎日ずっと笑っていられる訳じゃないです」と苦悩も明かす。

 彼女の強さの秘密は「素直さ」と「継続力」だと青木コーチは言う。プロテストに合格する前から続けているパッティング練習。どんなに時間が遅くなっても必ずやり遂げてからコースを後にする。その理由は「不安だから」。全英を優勝しても、賞金女王争いをしていても、引退するまで続けるとコーチと約束した。

 今シーズンは残り3試合。全てで優勝争いをと意気込んで臨んだ大会でまさかの予選敗退。人目もはばからず涙を流した。会見でも「賞金女王にはほど遠い」と弱気のコメントを残したが、次の試合で見事優勝。いよいよ、女王の座も見えてきた。

 番組では、賞金女王を懸けた今年最後の戦い、リコージャパンカップに密着。激動の1年を過ごした渋野日向子の素顔に迫る。

<プロゴルファー/渋野日向子 プロフィール>
1998年11月15日生まれ、岡山県岡山市出身。
渋野家の三姉妹の次女として誕生。
小学校2年生からゴルフを始め、同時にソフトボールも始める。
ソフトボールではピッチャーを務め、右利きながらも左打ち。
岡山県作陽高校2年時には全国高等学校ゴルフ選手権大会の女子団体で日本一に。
2017年のプロテストには不合格となるものの翌年のプロテストで合格。
国内ツアー4勝、海外メジャー大会:1勝

©MBS