『お笑い統一王座GP』敗者復活枠はGパンパンダ!決勝進出者12組が決定 | TV LIFE web

『お笑い統一王座GP』敗者復活枠はGパンパンダ!決勝進出者12組が決定

エンタメ総合
2019年12月15日
『そろそろにちようチャップリンプレゼンツ お笑い統一王座GP2019 グランドチャンピオン大会』

 12月18日(水)に放送される『そろそろにちようチャップリンプレゼンツ お笑い統一王座GP2019 グランドチャンピオン大会』(テレビ東京系)の敗者復活枠がGパンパンダに決定した。

 芸人5000人の頂点を決めるべく、7月より予選大会を実施してきた「お笑い統一王座GP2019」。漫才、コント、ピン芸など各ジャンルの強者たちが集結し、笑いの統一王座を決める真剣ネタバトルもまもなくクライマックスを迎える。

『そろそろにちようチャップリンプレゼンツ お笑い統一王座GP2019 グランドチャンピオン大会』

 12月14日(土)は、各大会第2位の芸人による敗者復活戦・後半戦の模様を放送。暫定トップのGパンパンダ(92点)に、阿佐ヶ谷姉妹、インディアンス、チョコレートプラネットと人気芸人が挑むも、全組90点というまさかの結果に。

 そんな中、トップバッターから逃げ切ったGパンパンダが最後の切符を手にし、決勝進出者12組が決定。決勝大会進出者は、からし蓮根、プラス・マイナス、ネルソンズ、かが屋、ジェラードン、たくろう、アインシュタイン、しゃもじ、ラフレクラン、しずる、コウテイ、Gパンパンダの12組となる。

 そして12月18日(水)後9時から2時間にわたって『お笑い統一王座GP2019 グランドチャンピオン大会』を放送。第1ステージでは、Aブロック、Bブロックに分かれてネタを披露。暫定方式で得点を発表していき、各ブロックの1位のみが決勝ステージに進出できる。

 審査をするのは、観客195人(持ち点1)に加え、特別審査員の井戸田潤(スピードワゴン)、田中卓志(アンガールズ)、ゲスト審査員の小西真奈美。井戸田と田中、小西は持ち点2で、合計201点満点で採点され、上位2組が決勝ステージへ。決勝ステージでは、面白かった芸人1組だけに投票し、優勝者を決定する。

『そろそろにちようチャップリンプレゼンツ お笑い統一王座GP2019 グランドチャンピオン大会』

<MC・内村光良『グランドチャンピオン大会』収録後コメント>

◆勝ち上がったメンバーを見ての率直な感想をお聞かせください。

 今回の予選は、トップバッターで勝ち抜けというのが多くて、それだけ「順番じゃないぞ」「ネタの中身なんだ」というのが色濃く出ていた年なんじゃないかと思います。半分ぐらいが20代の世代で、たくろうとか、コウテイとか、かが屋とか…新しいですよね。俺が若いときに発想しなかったようなネタで、ネタの構築、積み上げ方がうまいです。そんな中でも常連組が踏ん張りました。

◆かなりレベルの高い戦いになりました。

 本当に盛り上がっていて、いい戦いでした。編成さんに掛け合って(放送時間を)2時間半にしていただきたいぐらい!ジェラードンはもうくだらない(笑)。あと、アインシュタインはずるいけど、文句なく笑ってしまいます。しずるもよかったし、ネルソンズも記憶に残りましたし…。そういう意味でもキャラクターが豊富で、いい大会だったと思います。

◆『~チャップリン』の賞レースならではの見どころや楽しみ方を教えてください。

 ほかのコンテストよりゆるい(笑)。結果発表を待つとき、変な顔をするなんて、どこのコンテストでもやりません!ここだけですよ、変顔で結果を待つのは!そういうちょっとゆるさがあるところが、うちの特徴なんじゃないかなと。でも本当はドキドキして結果を待っているという…ガチとゆるさのいいところがある大会だと思います。

『そろそろにちようチャップリン プレゼンツ
お笑い統一王座GP2019 グランドチャンピオン大会』
テレビ東京系
12月18日(水)後9・00~10・54

MC:内村光良/土田晃之
進行:千鳥、ハリセンボン
特別審査員:井戸田潤(スピードワゴン)、田中卓志(アンガールズ)
アシスタント:角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)
ゲスト審査員:小西真奈美

©テレビ東京