スタッフの代わりに一般人が映像を撮ってくる新感覚バラエティ!MC霜降り明星・せいや「もしも僕なら…」 | TV LIFE web

スタッフの代わりに一般人が映像を撮ってくる新感覚バラエティ!MC霜降り明星・せいや「もしも僕なら…」

エンタメ総合
2019年12月15日
©カンテレ

 霜降り明星のMCで、空港で出会った“興味深い目的で海外へ行く方”に小型カメラ「ゴープロ」を渡して、スタッフの代わりにその映像を撮ってきてもらうバラエティ『それ代わりに撮ってきてください。』(カンテレ)が12月15日(日)に放送される。

「ゾウ使いの免許を取得するためにタイへ向かう男性」「イタリアで行われた、338kmを走破する山岳レース“トルデジアン”に挑む男性の全記録」「エチオピアまで奥さんと産まれたばかりの赤ちゃんを迎えにいく男性」など、普通のテレビカメラでは撮れないさまざまなドラマが登場。一般の方ならではの視点から撮影された映像も見どころ。

 収録を終えた霜降り明星は、「とにかく映像がきれいなので大画面で見てほしい番組」(粗品)、「旅行に行った気分になれるので、交通費浮かせられます(笑)」(せいや)と、それぞれ見どころをアピール。

 2人が「ゴープロ」を渡されたらどのような映像を撮影できるかと聞かれると、実家が焼き肉店の粗品は「皆さんが知らない厨房の様子を撮影できます! 炭消す壺があるんですよ。どうやって炭消しているか皆さん知らないでしょ。水かけてるわけじゃないんですよ!壺に入れて、蓋するだけなんです」と壺のスゴさを熱弁。

 一方のせいやは「いかに街中で絡まれるかお見せできます。少なくても十数人には『せいややんけ』って言われますから」と苦笑いしていた。

『それ代わりに撮ってきてください。』
12月15日(日)
カンテレ 深1・00~1・57(関西ローカル)

<出演>
霜降り明星、宇垣美里