ちょろっとでちゃう!?NY発の本格ジャズシンガーによる“空耳”曲『B/ENJOY』誕生!オモシロMV公開 | TV LIFE web

ちょろっとでちゃう!?NY発の本格ジャズシンガーによる“空耳”曲『B/ENJOY』誕生!オモシロMV公開

エンタメ総合
2019年12月17日
『B/ENJOY』

 英語詞の本格ジャズ楽曲でありながら、全編日本語に聞こえる“空耳ミュージック”『B/ENJOY』が、12月19日(木)より音楽配信サイトでリリースされる。

 この楽曲を歌っているアーティストは、ジャズの本場ニューヨークでも活動しているシンガーソングライター・滝沢望。独自の視点で「R&B Jazz&Soul」を追求して活動し、昨年6月に発表したニューヨークのトップジャズマンとのコラボ作品『Nozomi』は現地で高い評価を獲得している。また国内でも東京、大阪、仙台などのライブハウスやイベントホールで美声を披露し、国内外から注目されている。

 楽曲のアレンジには、NYジャズ界を牽引し、グラミー賞を受賞したカサンドラ・ウィルソンの音楽プロデューサー兼ベーシストであるロニー・プラキシコを迎え、本格的なジャズのグルーヴを生かした異色の楽曲となっている。

 ミュージックビデオは、クールなサウンドに乗せて“トイレに行きたくても行けない状況”がストーリー仕立てで描かれる。

 12月19日(木)には、渋谷のジャズバー「JZ Brat SOUND OF TOKYO」でリリースイベントを開催予定。また、12月21日(土)からは全国のカラオケJOYSOUND導入店で英語、日本語両Ver.の本人映像カラオケも配信される予定。

<滝沢望 コメント>

本場のニューヨークで音楽の原点でもあるJazz Standard楽曲を学び、作曲や歌を届ける中で、英語やグルーブ、日本人としての感覚の違いを感じていました。そんな中、日本人だからこそできる言葉やノリの融合や、私だからできる歌の制作を探していました。「B/ENJOY」は、世界共通語である音楽を通じて、英語と日本語の似ている発音を使って違うストーリーを歌う、日本人である私だからできる楽曲に仕上がりました。私の中のDetox Songとして、この曲の面白さを感じていただき、またJAZZを身近に感じていただけたら幸せです。NY仕込みのクールなサウンドに酔いしれて、歌って、踊って、リフレッシュして、楽しんでくださいませ。
I hope you ENJOY“Benjoy”!

「B/ENJOY」
<音楽配信>
12月19日(木)~iTunes、レコチョク、Spotifyほか、各種音楽配信サイトにて販売
<MV>
12月17日(火)~YouTubeでフル尺解禁
<カラオケ>
12月21日(土)より全国JOYSOUNDで配信
<DVD>
2020年1月下旬より発売予定

【Music】
Music : Nozomi Takizawa/Gt: Kelvyn Bell/Ba: Lonnie Plaxico/Dr: Andrew Atkinson/Tp: Ryo Sasaki
Arrangement:Lonnie Plaxico

【Music Video】
出演:若林拓也、小槙まこ ほか
企画プロデュース:辻村和也
監督:岡太地