• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

伊藤歩が内藤剛志と初共演!『警視庁・捜査一課長』正月SPで疑惑の元刑事役

『警視庁・捜査一課長』

 伊藤歩が、2020年1月3日(金)放送の『警視庁・捜査一課長』正月スペシャル(テレビ朝日系)に出演する。

『警視庁・捜査一課長』

 主演の内藤剛志演じるヒラから成り上がった“たたき上げ”の捜査一課長・大岩純一の活躍を描く人気シリーズ。今作では、8年前に強盗殺人事件で誤認逮捕された元外食チェーン社長の遺体が見つかる事件が発生。廃ビルの屋上から転落死したようだが、側に落ちていたスマートフォンには「自殺ではない。殺された」と書き残されており、大岩たちは捜査を開始する。

『警視庁・捜査一課長』

 伊藤が演じるのは、元捜査一課の刑事“ジンジャー”こと陣内綾。綾はなぜか事件直後に現場にいた人物で、被害者を誤認逮捕した張本人でもあるという役どころ。大岩は自らの進退を懸け、綾を捜査に加えるという前代未聞の決断を下す。

『警視庁・捜査一課長』

 内藤と伊藤は、今回が初共演。伊藤は「2009年に私が出演した舞台を(内藤が)見に来てくださって。おいしいひつまぶし弁当を頂いた記憶があいまって、とても“いい方だな”という印象でした(笑)」と明かし、「京都で別々の作品を撮影している時にちらっとお話しさせていただいたこともあり、今回やっと共演がかなってうれしかったです」と喜んだ。

 自らの役どころについては、「全編を通してあまり明るいキャラクターではありません。もがきながらも前に一生懸命進もうとしている状態で、どちらかというと闇が深いタイプ」と分析。「待ち時間、内藤さんや金田明夫さんとお話ししていると楽しくなっちゃうので、表情が明るくなりすぎないように気をつけながら演じました」と振り返った。

 そんな伊藤を内藤は「もともと彼女が出演した映画を見てスゴイ女優がいるなと思っていたのですが、実際共演したらとても安定感のある女優さん」と絶賛。「難しい役なのに確実に演じてくださり、プロデューサーや監督が考えていることを2人でうまく表現できたのではないかと思っています」と手応えをにじませている。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える