大林宣彦監督最新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』4・10公開決定 | TV LIFE web

大林宣彦監督最新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』4・10公開決定

エンタメ総合
2020年02月16日

 大林宣彦監督が手掛ける映画『海辺の映画館-キネマの玉手箱』の公開日が4月10日(金)に決定した。

 尾道にある海辺の映画館を舞台にした大林宣彦監督の最新作は、まさに“キネマの玉手箱”。物語は、戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルとさまざまな映画表現で展開していく。映画少年時代からの大林監督の“映画への情熱”、そして“平和への思い”が凝縮された、大林版「ニュー・シネマ・パラダイス」といえる作品で、娯楽作でありながら、“大林的戦争三部作”『この空の花-長岡花火物語』(11)、『野のなななのか』(14)、『花筐/HANAGATAMI』(17)を経て放たれる大林宣彦監督の集大成となる。

 また、武田鉄矢がエノケンの名曲をカバーした主題歌「武器ウギ<無茶坊弁慶>」を背景に、豪華キャスト陣のシーンが納められた予告編が初解禁。山田洋次監督からの応援コメントも添えられている。

 尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」が閉館を迎え、日本の戦争映画特集を見ていた若者3人は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープする。戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、そして原爆投下前夜の広島へ―。そこで出会ったのは移動劇団「桜隊」だった。歴史上では原爆の犠牲になった「桜隊」の未来を変えるため、戦争を知らない3人の若者は、歴史を変えようと奔走する。

 榎本健一の名曲「武器ウギ<無茶坊弁慶>」を武田鉄矢がカバーした主題歌に乗せて、大林監督の“映画への情熱”と”平和への思い”に賛同し集結した、小林稔侍、高橋幸宏、尾美としのり、武田鉄矢、南原清隆、片岡鶴太郎、柄本時生、稲垣吾郎、蛭子能収、浅野忠信、伊藤歩、中江有里、笹野高史、満島真之介、渡辺えり、窪塚俊介、長塚圭史ら豪華キャストが次々と登場。ラストは、山田洋次監督の「とにかく面白い。大林監督と病気を闘いながら、前作『花筐/HANAGATAMI』を上まわる作品を作られたことに、とても勇気づけられました」という温かいメッセージで締め括られる映像となっている。

映画『海辺の映画館-キネマの玉手箱』
4月10日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国公開

<あらすじ>

尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」が閉館を迎えた。最終日は、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト興行。そこで映画を見ていた若者3人は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープする。戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、そして原爆投下前夜の広島へ—。そこで出会ったのは移動劇団「桜隊」だった。「桜隊」を救うため、3人の男たちは運命を変えようと奔走するのだが…。

©2020「海辺の映画館—キネマの玉手箱」製作委員会/PSC