「状況劇場」のレジェンド・麿赤兒と大久保鷹が50年ぶり共演!『パパがも一度恋をした』で実現 | TV LIFE web

「状況劇場」のレジェンド・麿赤兒と大久保鷹が50年ぶり共演!『パパがも一度恋をした』で実現

エンタメ総合
2020年02月24日
『パパがも一度恋をした』

 2月22日に放送されたオトナの土ドラ『パパがも一度恋をした』(フジテレビ系)の第4話で、唐十郎率いる劇団「状況劇場」の全盛期を支えた二大看板俳優・麿赤兒と大久保鷹の共演が実現した。

 「状況劇場」は、1960年代から70年代、既存の商業演劇から逸脱した斬新な作家性と、社会の激動を反映した同時代性によって、若者から熱狂的な支持を得た“アングラ演劇”ムーブメントの中心にいた劇団。根津甚八、小林薫、佐野史郎、渡辺いっけいら、多くの名優を輩出した。その状況劇場の全盛期を支えた二大看板俳優が麿赤兒と大久保鷹。共演は、1969年大島渚監督の映画「新宿泥棒日記」以来となる。

 大久保が演じるのは、タロスケ(麿)の従兄弟で、焼き鳥屋を営む・菊三。第4話では、菊三の営む焼き鳥店に吾郎(小澤征悦)たちが訪れ、タロスケと菊三の息の合ったセリフの応酬も。

 撮影現場では、麿が演技する姿をモニターで見ていた大久保が「やっぱりこいつの表情はいいんだよな」とスタッフと談笑する姿も見られたという。そんな2人が、共演の感想や、ドラマについて語った。

『パパがも一度恋をした』

<麿赤兒・大久保鷹 コメント>

◆お仕事以外でお会いするのは…。

大久保:こうやって顔を合わせて話すのはしばらくぶり。でも、やっぱり会うとうれしいね。

麿:毎日は嫌だけど、たまに会うからいいんだぞ(笑)。

大久保:お互いうるさいから(笑)。

麿:久しぶりに会ってくだらないことを話して、そして、相変わらずバカだなー、と思います。

◆久々の共演、いかがでしたでしょうか?

大久保:芝居の雰囲気もあるけど、まだバカをやっているな、お互いに、と思ってね。

麿:こちらもセリフがあるので、たまに目が合いましたが、しらん顔をしました(笑)。

大久保:お互いに目を逸らしていたりして(笑)。

◆お互いのことを当時も含めて、どう思われていらっしゃいますか?

麿:ライバルといえばライバルになります。(状況劇場の)当時も、鷹のほうがいい役もらったな、と思うこともありました。

大久保:麿とは一緒に稽古場にいるだけで楽しかった。僕らは遊びと物作りが同時にできた時代に育ったんです。その後も麿が状況劇場をやめて踊りの旗揚げをしたときも、「俺は観に行くんだ」と劇団の皆に言って。

麿:よく観に来てくれていたよな、ありがとう。

大久保:この信頼よ(笑)。好きなヤツとの付き合い方というのはいつまでも変わらない。たまに逢えば、「バカが」とか、「このやろう」とか言いますし、頻繁に会うことはないけど、お互いが生きていればいい。

麿:そうだよな、元気で。こうやって昔のことを言い合える仲間は少なくなったからね。

◆当時を知る方は、“レジェンド二人の共演”と驚くと思います。

麿:あの二人、まだ生きていたのかってね。でもこのレジェンドも、もうろくしたな。でも、そのもうろくぶりすらも見せつけるというね。

大久保:でも、俺らの仕事ってそういうことだよ。自分の顔がどう映っているか分からないけど、シワぐらいは映っているだろうって。

麿:でもシワには(俺らの)年月があるから、そこをまたカメラで捕らえていただいたらうれしいじゃないですか。

大久保:おまえ、いいこと言うな(笑)。

◆視聴者へのメッセージをお願いします。

麿:このドラマは設定がとても楽しいです。男同士のやりとりなのに、中身は女性だとか、さすが令和のドラマだと思います。

大久保:亡くなった女房が男の姿で蘇ったなんて、なかなかすごいドラマだよな。

麿:難しいと思うんですよ、あの役(山下吾郎)は。だから小澤さんがどういう風にやられるのかと後ろから見ていると、とても面白く演じられている。

大久保:人の心というのはどこに向き合うべきかという、殺伐としたこの世の中で、こういう家族の話は結構いいなと思いました。義理人情を感じたね。

麿:家族になった以上、人情というものはいつの時代も変わらないから、そこに変容していく愛の形というのを笑いながら観る楽しさがこのドラマにはあると思います。

大久保:令和の愛の形ね。麿はその家族の長だからな、おまえのおちゃめでかわいいところもちゃんと撮ってもらえよ!(笑)

<第5話(2月29日(土)放送)あらすじ>

多恵子(本上まなみ)にうり二つの女性はトモ(福本莉子)のクラスの臨時担任だった。その佐々木ミク(本上まなみ)が山下家を訪れ、おっさん多恵子(塚地武雅)も動揺を隠せない。吾郎(小澤征悦)はミクの話を聞くうちに生前の多恵子を想い出し、涙があふれ出す。そんな中、ミクのある大胆な行動で二人は急接近。吾郎は誘惑に打ち勝つことができるのか。

『パパがも一度恋をした』
フジテレビ系
2月29日(土)後11・40

出演:小澤征悦、塚地武雅、本上まなみ、福本莉子/塚本高史、麿赤兒

公式サイト:https://www.tokai-tv.com/papakoi/
Twitter:https://twitter.com/tokaitv_dodra
Instagram:https://www.instagram.com/dodra_tokaitv/?hl=ja

©フジテレビ