• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

全国を飛び回る“魚食普及人”上田勝彦に密着『情熱大陸』3・8放送

『情熱大陸』

 3月8日(日)放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系)は、魚食普及人の上田勝彦に密着する。

 一見、漁師といういでたちだが、料理人でもない元エリート官僚で元漁師の上田勝彦。5年前に水産庁の官僚という肩書きを捨て、魚離れが進む水産業界を立て直すために「生産」「流通」「小売」「飲食」「家庭の食卓」の5本を柱に、魚食文化復興のために全国を飛び回り、汗を流している。

「ウエカツ」のニックネームで知名度も高く、漁の現場からスーパーマーケットでの販売、さらに家庭で簡単においしく魚を食べる方法まで、圧倒的な知識で魚の魅力を伝える、いわば「魚の伝道師」だ。

 上田の料理にレシピはなく、教えるのは「料理の仕組み」。塩を打つことや焼くことによる肉質の変化や調味の効果を実演しながら教えていく。そこには“魚料理は面倒くさい”というイメージを覆す、目からウロコの情報が満載。料理教室の主婦たちは、そのおいしさに驚きの声を上げる。

 取材中には、北海道の根室で、魚体のサイズが不ぞろいであるなどの理由から非食用に回されたり、低い価格でしか評価されない、いわゆる“未利用魚種”の一つであるモクズガニを発見。新たな利用法を模索する上田の姿に密着した。果たして有効活用できるヒントは見つかるのか。魚食普及にかける男の情熱を追う。

<魚食普及人/上田勝彦 プロフィール>
1964年、島根県生まれ。長崎大学水産学部在学中に漁師として活動。
1991年水産庁入庁、瀬戸内海漁業調整事務所、遠洋課捕鯨班、資源開発センター、資源管理課などで公務に従事。2015年、退職。
東京海洋大学客員教授、日本調理師会食育指導員講師、水産庁水産復興アドバイザー、全漁連プライド・フィッシュ企画委員、(株)ウエカツ水産代表取締役。
「サカナ伝えて、国おこす」を社是に、日本の食卓と漁業の生産現場をつなぎなおす活動を展開している。著書に「旬を楽しむ魚の教科書」「ウエカツの目からウロコの魚料理」がある。

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える