• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“命を守るために必要な情報”を検証『わ・す・れ・な・い 死者をゼロにする情報とは』3・11放送

『わ・す・れ・な・い 死者をゼロにする情報とは』

 3月11日(水)後3時50分から『わ・す・れ・な・い 死者をゼロにする情報とは』(フジテレビ)が放送される。

 この番組は、東日本大震災から10年となる2021年に向けて、NHK・フジテレビ・ヤフーが共同で新時代の災害報道を考える企画「『その時』メディアに何ができるのか」としてフジテレビが制作。 今まで20本放送してきた『わ・す・れ・な・い』シリーズの最新作となる。

 今回取り上げるのは、津波で多くの命が失われた岩手県釜石市と宮城県山元町。停電が起こり電話も通じづらいという状況の中、どのように災害情報が伝わり、人々の避難行動に結びついたのかを、当時のNHKの放送映像やフジテレビの報道映像から検証する。

『わ・す・れ・な・い 死者をゼロにする情報とは』

 番組ではわずか15メートルの距離を逃げ遅れてしまった女性の行動を、遺族の証言から追跡。情報が遮断されている中で人々の生死を分けたものは何だったのか、どのような情報が伝わっていれば女性が助かったのかを考える。

 他にも、消防団員や地域住民などから、当時、メディアの情報が被災地にどう伝わっていたのか、命を守るために必要な情報とその伝え方をあらためて検証する。

『わ・す・れ・な・い 死者をゼロにする情報とは』
フジテレビ(関東ローカル)
3月11日(日)後3時50分~4時50分
関西テレビ、東海テレビ、仙台放送、北海道文化放送、テレビ新広島、岩手めんこいテレビ、さくらんぼテレビ、福島テレビ、長野放送、富山テレビ、福井テレビ、岡山放送、高知さんさんテレビ、サガテレビ、テレビ長崎、テレビ熊本、テレビ宮崎、鹿児島テレビ、沖縄テレビでも放送予定。
※放送日時は各放送局により異なります。
※放送局は今後追加される場合があります。
制作:フジテレビニュース総局情報制作局情報制作センター

URL:https://www.fujitv.co.jp/wasurenai/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真