• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

浜田雅功MCの『オオカミ少年』が15年ぶりに復活!

『オオカミ少年』

 浜田雅功がMCを務める『オオカミ少年』(TBS)が15年ぶりに復活し、3月14日(土)に放送される。

 2005年9月末に「特別番組を放送する」という予告をしつつ終了した『オオカミ少年』が、予告通り15年ぶりに復活する。この番組は、あらゆるジャンルの情報が「ウソ」か「ホント」かを当てるクイズ番組で、復活にあたり、15年前にMCを担当していた浜田雅功が続投。進行は日比麻音子TBSアナウンサーが務める。ゲストには、IKKO、川島明(麒麟)、佐藤栞里、ファーストサマーウイカという個性豊かなメンバーが集結する。

 ゲスト解答者が見破るのは3つのウソ企画。1つ目は、ちまたでたびたび耳にする「○○王子」と呼ばれるセレブ王子として、「うなぎ王子」「インプラント王子」「タピオカ王子」の3人が登場。それぞれの日常に密着したVTRを見て、どの王子がウソをついているかを見破る。

 2つ目は、日曜劇場『テセウスの船』、火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』、金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』の初出しNGシーンを大放出。しかし、その中の1つは、キャストとスタッフで考えたウソのNGシーンという大がかりな企画。解答者も「疑い始めると、全てが怪しくなってくる」と混乱が止まらず、スタジオは大盛り上がりを見せる。

 3つ目には、お笑い第7世代の芸人が大切な人に再会する企画で、『M-1グランプリ』で一躍話題となり人気急上昇中のぺこぱの松陰寺太勇が登場。他にも『キングオブコント』で話題になった芸人がお世話になった人々と再会し、その人との感動エピソードを語る。

 感動の再会シーンの連続に、解答者たちが涙を流す場面もあったが、「この感動VTRの1つにまさかウソがあるなんて…!」「これでウソだったら傷つく!」とスタジオは大荒れに。

 MCの浜田に解答者がヒントを聞くと「そこまでは知らん」と返す番組名物のやりとりも健在だ。

<浜田雅功 コメント>

正直、芸人の大切な人との再会企画は泣くのを本気でガマンした…。ウソのVTRが混ざってるのに泣いたら後でスタッフに笑われると思って(笑)。15年前よりVTRの質が上がっていた!最近はVTRが長いこの手の番組は普段やらないから見てるのも新鮮だった。

<川島明(麒麟)コメント>

昔の放送も見ていましたが、15年前より企画もVTRもかなりバージョンアップしていたなと思いました。とても面白かったです。今、フェイクニュースとかも増えてる中で、テレビでガチのフェイクを作るというのもいいなあと。テレビの前で真剣に見て、しっかり見抜いてほしいと思います。SNSやニュースのフェイクとの向き合い方を見直すきっかけにもなるかもしれないですね。あとは、浜田さんが15年前より若返ってる気がして、声のキーが高かったのでCGなのかなと思いました(笑)。

<IKKO コメント>

すっごい楽しかった、だまされた~!まさか感動して泣くなんて思ってなかったし、本当にオオカミ少年にやられました(笑)。VTRが全て作り込まれていて、食い入るように見ちゃって、あっという間に時間が経ってました。浜田さんのMCもさすがで、私自身もとても楽しかったのでぜひ見ていただきたいです。

<佐藤栞里 コメント>

笑いも涙もあって、まさかこんなに感情がもっていかれる番組だと思ってなかったので、驚きでした。どのVTRもリアルだけど、うそがあると思って見るとどこも疑わしくて、みんなで一緒に考えていたらスタジオ全体にチーム感が出てきたのも楽しかったです。どのクイズも本当にクオリティが高くて、スタッフさんの本気も感じて、私もしっかりだまされちゃって、ちょっと傷ついたレベルです(笑)。見応えたっぷりの番組になっているので、ぜひご覧ください。

<ファーストサマーウイカ コメント>

どのVTRもクオリティが高すぎて、まんまとだまされました。昔からテレビっ子なので、いい意味でテレビの演出やいいうそを見抜いてきた自信があったので、楽勝かもと思ってたのですが…。裏の裏の裏をついてくる感じがめっちゃ面白かったです。周りの方の意見を聞いていると自分の考えもどんどん変わってきちゃって翻弄されました。VTR中は、ちょっとトイレも我慢してもらって真剣に見てもらったらいいと思います。家族一緒に、私たちと一緒に見てもらったらなお楽しめると思います!

土曜☆ブレイク『オオカミ少年』
TBS
3月14日(土)後2・00~2・54

<MC>
浜田雅功

<ゲスト解答者>
IKKO
川島明(麒麟)
佐藤栞里
ファーストサマーウイカ

<進行>
日比麻音子(TBSアナウンサー)

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える