セレーナ・ゴメス出演シーン一部公開 『デッド・ドント・ダイ』 | TV LIFE web

セレーナ・ゴメス出演シーン一部公開 『デッド・ドント・ダイ』

エンタメ総合
2020年03月13日

ジム・ジャームッシュ監督最新作『デッド・ドント・ダイ』が4月3日(金)より全国公開。初めてジャームッシュ作品に出演するセレーナ・ゴメスの本編映像が公開された。

世界的ポップスターで女優のセレーナ・ゴメスが演じるのは、自動車旅行の途中でたまたまこの田舎町を訪れ、ゾンビ騒動に巻き込まれてしまった都会っ子のゾーイ役。ジャームッシュ監督はセレーナのヒット曲『バッド・ライアー』を「間違いなく見事で、草分け的なポップミュージック」と絶賛するほど彼女のファンで、セレーナが演じるキャラクターについて、「偶然センターヴィルにたどり着く、若くてきれいな旅行者をイメージしていた」と明かす。

解禁された本編映像は、セレーナ 演じるゾーイらが町に到着したばかりの1シーン。雑貨店を営むホラーオタクの青年ボビー(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)の店へ、ガソリンの補給と買い出しに訪れる。ゾーイが何気なく手に取るCDは、映画全編に流れるテーマソングとして、ジャームッシュ監督から直々に依頼を受けたグラミー賞アーティスト、スタージル・シンプソンが書き下ろした曲。劇中では ゾーイがこの曲を「大好きよ」と絶賛し、12ドルで購入している。

『デッド・ドント・ダイ』4月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

監督・脚本:ジム・ジャームッシュ
出演:ビル・マーレイ、アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、ダニー・グローヴァー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、イギー・ポップ、セレーナ・ゴメス、トム・ウェイツ

©️2019 Image Eleven Productions, Inc. All Rights Reserved.