• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

歌広場淳の『ミュージカル広場』特番なのに早くも5度目の放送

©カンテレ

ゴールデンボンバーの歌広場淳の地上波初冠番組『ゴールデンボンバー 歌広場淳のミュージカル広場』(カンテレ)が3月22日(日)放送。

特番放送ながら今回で5回目の放送。おなじみとなった紫色のスーツで登場した歌広場も、「ミュージカルを愛する歌広場にとって、これ以上、うれしいことはございません!」と興奮気味のあいさつでスタート。

今回紹介するのは、ブロードウェイミュージカル『アナスタシア』。「褒めるところしか見当たらない!」と大絶賛の歌広場がつけた点数は5億点。20世紀初頭、激動のロシアで詐欺師が少女を王女に仕立てあげるストーリーは、ゴールデンボンバーにも重なるところがあると、相棒の関純子アナも驚く例え話を披露する。

©カンテレ

さらに、刺激的カルト・ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』も紹介。主人公の花屋で働く冴えない青年・シーモアをWキャストで演じる鈴木拡樹と三浦宏規を歌広場が直撃。互いのすごいところや見どころなど、たっぷりと聞く。

そして今回も最後に「ミュージカルは誰にでもできる異世界転生!」と恒例の“格言”を発表。「喉から手が出るほど欲しい」というレギュラー化に向けて、元宝塚歌劇団のトップスターを関西の女帝の名前を出して例える“関西仕様”の攻めの姿勢で、6回目の放送実現に力を込めた。

©カンテレ

『ゴールデンボンバー 歌広場淳のミュージカル広場』
カンテレ
3月22日(日)前5・15~5・45(関西ローカル)
MC:歌広場淳(ゴールデンボンバー)
進行:関純子(カンテレアナウンサー)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える