0~2歳児の“見やすい”を徹底!赤ちゃん向け新番組『シナぷしゅ』4・6スタート | TV LIFE web

0~2歳児の“見やすい”を徹底!赤ちゃん向け新番組『シナぷしゅ』4・6スタート

エンタメ総合
2020年03月31日
『シナぷしゅ』

 赤ちゃん番組『シナぷしゅ』(テレビ東京系 毎週(月)~(金)前7・35)が4月6日(月)からスタートする。

 昨年12月に5日間だけ放送し、大きな反響を呼んだ民放初の赤ちゃん向け番組『シナぷしゅ』。レギュラー化に際し、大人が思う“赤ちゃん番組”の枠にとらわれず、メインターゲットである0~2歳の赤ちゃんのことだけを考えて制作。赤ちゃん目線で「見やすい」つくりを徹底した結果、赤ちゃんがリアクションをするためのちょっとした間をとるなど、細部まで追求している。

 番組は、1日10コーナー程度で構成。オープニングの「はじまりぷしゅ」は大きくリニューアルされ、胎内をイメージした温かなセットの中で、松丸友紀アナウンサーが振り付けしたダンスをオーディションで130人の中から選ばれた5人の子供たち(7~9歳)が踊る。

 また、シリーズ累計40万部を突破した大ヒット絵本「もいもい」を映像化した「うごくもいもい」、ありそうでなかった五十音の「あいうえーお!のうた」など新コーナーも登場。

 さらに、視聴者からの意見を基に、各コーナーもブラッシュアップ。赤ちゃんはハマると何度も見たがる傾向があるため、繰り返しも大切にしつつ、毎週見ても飽きないよう、新しいコーナーも続々登場。東京大学の赤ちゃんラボ監修の下、これからの時代を生きる「令和の赤ちゃん」のための番組となっている。

『シナぷしゅ』
テレビ東京系列
4月6日(月)スタート
毎週月曜~金曜 前7・35~8・00

配信:シナぷしゅ公式YouTube「シナぷしゅch」、ネットもテレ東、TVer、GYAO、ニコニコ動画

©テレビ東京