『BULL/ブル 心を操る天才 シーズン3』DVDより、主演マイケル・ウェザリーのインタビュー映像公開 | TV LIFE web

『BULL/ブル 心を操る天才 シーズン3』DVDより、主演マイケル・ウェザリーのインタビュー映像公開

エンタメ総合
2020年04月07日

 海外ドラマ『BULL/ブル 心を操る天才 シーズン3』のDVDが4月8日(水)より順次発売、レンタル開始される。

『BULL/ブル』は、ちょっと風変わりな心理学者とそのチームが独自の視点から事件に向き合い、法廷で依頼者を勝利に導く痛快心理エンターテインメントで、全米視聴者数2000万人超の大ヒットを記録した。心を読み解くスペシャリストで心理学者の主人公・ブルを筆頭に、弁護士、元国土安全保障省職員、元FBI捜査官、凄腕ハッカー、そしてプロのスタイリストからなる各分野のスペシャリストで結成されたチームが、あらゆる難事件の真相を解明し、事件を解決していく。

 主演と製作は『NCIS ネイビー犯罪捜査班』屈指の人気キャラクター、トニー役で知られるマイケル・ウェザリー。製作総指揮にはスティーブン・スピルバーグや、2度のアカデミー賞ノミネート歴を持つ脚本家のポール・アタナシオが参加し、ハリウッドのヒットメイカーたちが結集している。

『BULL/ブル 心を操る天才 シーズン3』のDVDリリースに先駆けて、特典映像から主演マイケル・ウェザリーがシーズン3で起こる変化や見どころを語るインタビュー映像を公開した。

■「BULL/ブル 心を操る天才 シーズン3」DVDリリース記念!特典映像一部公開!

 本映像内でまず「彼が自分の存在を本当に疑ったのは、裁判所の外で倒れても無視されたことだ。見ていてあまりに残酷だった」とシーズン2の第22話でブルが心臓発作により倒れた際、通行人に無視されたシーンが衝撃的だったと振り返ったウェザリー。シーズン3では、心臓発作によって倒れたことをきっかけに、ブルの人間性の変化も描かれるが、「シーズン3で彼は分かり始める。1人でいることが必ずしも自分の選択じゃないとね。自分を理解するんだ」と、役柄が大きく変化することを語っている。

 続いて、シーズン3の見どころについて「登場人物の変化が感じられるところだ。本当に深く掘り下げられている」と、本作で描かれるストーリーの出来栄えに太鼓判を押した。さらに「テレビドラマに出演するときは自分の物を身に着けてない。眼鏡も腕時計も本物じゃなく小道具だ。バラしてごめん。フィクションと物語の世界に僕はいるんだ。ブルも同じような世界に住んでいると思う」と、役を演じる上でのこだわりを明かす。

 また「本作では人間の行動を扱ってる。ドラマが始まった当初は陪審の誘導を主に描いてたけど、今は人に焦点を当ててる。この世界で人々がどう生きていくかをね」とコメントしており、シーズン3で新たに描かれる登場人物たちの変化にも注目が集まる。

『BULL/ブル 心を操る天才 シーズン3』
4月8日(水) DVD-BOX PART1 発売/DVD Vol.1~Vol.6 レンタル開始
5月8日(金) DVD-BOX PART2 発売/DVD Vol.7~Vol.11 レンタル開始

DVD-BOX PART1 9,800円(税別)
DVD-BOX PART2 9,300円(税別)
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
公式サイト:http://bull-dvd.jp/

© 2020 CBS Studios Inc. BULL TM is a trademark of CBS Studios Inc.
CBS and related logos are trademarks of CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.