声の主はやっぱりこの人!『美食探偵 明智五郎』クルックーの正体が明らかに | TV LIFE web

声の主はやっぱりこの人!『美食探偵 明智五郎』クルックーの正体が明らかに

エンタメ総合
2020年05月08日
©NTV

 日曜ドラマ『美食探偵 明智五郎』で小芝風花演じる小林苺が利用しているスマホの音声アシスタント“クルックー”の声の主が、水卜麻美アナであることが明らかにされた。

「OKクルックー! ブーランジェリーって何?」など単純な単語の検索で的確に答えてくれるだけではなく、第1話では「睡眠薬を大量に飲んだ時の対処法は?」という質問に答え、マリア(小池栄子)に睡眠薬を飲まされて倒れた明智(中村倫也)をアシスト。第4話では、シェフ(武田真治)に捕らわれた苺が「明智さんに電話!」とクルックーを使ってスマホを操作し、明智に助けを求めた。

 劇中で大活躍のクルックー。第1話から第4話までエンドロールには「クルックーの声 ????」と記され、SNS上では、“クルックー”の声が誰なのか、予想合戦が繰り広げられていた。

 5月8日(金)放送の『スッキリ』で、その正体が日本テレビの水卜麻美アナウンサーであることが発表された。収録の感想を聞かれた水卜アナは、「私自身、普段は音声検索をあまり使わないので、どう演じればいいか難しかった」とコメント。

 第1話にアナウンサー役で出演した森圭介アナ、明智の父親役の宮崎哲弥ら『スッキリ』メンバーが出演していることに触れ、「今度は殺される役で出演してみたいですね!」と意欲も見せた。

 また、「“クルックー”の声を着信音にしたい」というSNSでの反響を受けて、「クルックー」「メールです」「電話です」の3パターンの音声が番組公式Twitterと日テレYouTubeにアップされている。