「そして春になった」開幕!松雪泰子・ソニン・瀧内公美・片桐はいりのコメント公開 | TV LIFE web

「そして春になった」開幕!松雪泰子・ソニン・瀧内公美・片桐はいりのコメント公開

エンタメ総合
2020年12月08日

M&Oplaysプロデュース「そして春になった」が12月8日(火)、東京・本多劇場にて開幕。これに合わせて、出演する松雪泰子、ソニン、瀧内公美、片桐はいりの4人と作・演出の岩松了からのコメントが到着した。

日本のチェーホフと呼ばれ、人間の内部で無意識に動く感情を説明的なせりふを排し、物語の核を隠しながらもリアルに生々しく描き出すことに定評のある岩松了による新作「そして春になった」。

ある映画監督の妻である女性と、その監督の愛人であった女優という、かつて1人の男をめぐって憎みあったが時を経て、共感とも友情ともとれる感情を抱くようになった2人の女による、ダイアローグのような朗読劇のような、モノローグで築かれる回想ドラマだ。

出演は松雪泰子、ソニン、瀧内公美、片桐はいりという4名が2組に分かれ、それぞれの「そして春になった」を創り上げていく。この度、その4名と岩松からのコメント及び舞台写真が公開となった。

ソニンは、初共演となる松雪について「最初からすごく役に入られていて驚きました。お稽古を重ねていく中でも、作品の世界観を身体にしみこませていっているのを感じ、そんな松雪さんの姿に私も興奮して、楽しんでいます」と喜びを語る。

一方の松雪は「初共演となるソニンさんは、すごく多彩な魅力と才能を持っている方という印象があり、ご一緒できるのが楽しみでした。パワーあふれる俳優さんで、お稽古自体は短かったですが、とても濃密な時間を過ごせました」と充実感を示した。

そして「朗読とも演劇とも違うものになりましたが、脚本を持たずお芝居としてやりたいと思うくらい素敵な作品です。多くの方にご覧いただき、どう感じていただけるか、どう受け取っていただけるかとても楽しみです」と期待を表している。4人のキャスト及び岩松からのコメント全文は、次ページを参照。

  1. 1
  2. 2