YOASOBI・幾田りらが「第九」を歌う!サントリー新CM「2020年の希望」篇が公開 | TV LIFE web

YOASOBI・幾田りらが「第九」を歌う!サントリー新CM「2020年の希望」篇が公開

エンタメ総合
2020年12月21日

YOASOBI・幾田りらが苦難を乗り越える歓びの歌「第九」を歌う、サントリーの新テレビCM「2020年の希望」篇が12月19日よりオンエア開始。公開直後から、SNSでは「60秒で号泣できる」などと話題を呼んでいる。

サントリーグループは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、人との接触を減らすことが求められる今年だからこそ、「人と人とのつながり」の大切さと改めて向き合い、様々な取り組みと発信を行ってきたという。

大きな不安や悲しみが広がった2020年だが、そんな中にもたくさんの希望は生まれていた。そこで「希望は生まれる。どんな時にも。」というメッセージとともに、1年の終わり、そして来年へ向かう人々の気持ちを後押しするために制作されたのが、今回のCM「2020年の希望」篇だ。

CMにはYOASOBIのボーカルikuraとしても活動するシンガーソングライター幾田りらと、サントリーサンゴリアスの流大選手が出演。幾田が歌う「交響曲第9番<合唱付き>(以下、第九)」の歌と共に、今年SNS上に投稿された写真や映像などを繋ぎ合わせ、苦難の中でも起きていた今年の喜びを振り返っている。

今回のCMに関して、幾田は「初めて第九を交響曲のようなアプローチで歌わせていただき、新たな一面をお見せできたのではないかなと思います。英語詞でのアカペラも初挑戦だったので、歌声の細かいニュアンスもこだわりました」とコメント。

さらに「今回の歌唱を耳にした人が今年を振り返った時、自分自身の健闘を讃えられるような歌になれたらという想いで歌いました」と明かしている。「2020年の希望」篇の動画及び、幾田のコメント全文は次ページを参照。

  1. 1
  2. 2