神木隆之介が漫画家に!?「Renta!」との共同プロジェクト始動&密着動画も配信

エンタメ総合
2021年02月10日

神木隆之介が、電子書籍レンタルサイト「Renta!」のオリジナルレーベル「Rentaコミックス」の作家として、オリジナル漫画を執筆することが決定した。

「Renta!」が企画制作・販売するオリジナルレーベル「Rentaコミックス」では、漫画家としての活躍を志す人たちに少しでも後押しとなる場を作りたいという思いから、商業執筆経験者向けの「Rentaコミックスパートナー漫画家募集制度」と、未経験者も対象となる「Rentaコミックス漫画家募集制度」という2つの制度を採用。可能性と連載の場を提供すべく常時、漫画家を募集している。

今回のプロジェクトでは、大の漫画好きで知られ「Renta!」のCMにも出演している縁から神木隆之介にオファー。「未経験の自分がチャレンジすることで少しでも漫画家を夢見る方々の後押しになれば」と神木からプロジェクトへの賛同を得たことで、「Rentaコミックス漫画家募集制度」を活用しての漫画執筆が実現した。

初の漫画執筆にあたり、原案だけなど誰かの力を借りるのではなく「自分の力で描いてみたい」との申し出をしたという神木。「今回の企画で僕の描いているところを見てもらって、そんなに上手くない僕みたいな人でも応募できるんだ! と思ってもらえれば最高です」と語っている。

なお、内容はほのぼの系四コマ漫画を予定しているとのこと。これから執筆に取り組み、「Renta!」のオリジナルレーベル「Rentaコミックス」として4月に掲載予定だ。

神木の公式YouTube「リュウチューブ」でも、本プロジェクトの動画を配信。Rentaコミックスパートナー作家で「アクダマドライブ」を連載中の大柿ロクロウに教わりながら、実際に漫画執筆に挑む神木に密着した模様を今後届けていく。

また漫画掲載に先駆け、神木考案のキャラクター設定画も公開された。以前から「リュウチューブ」などにも登場する「Rくん」、実家で飼っていた甲斐犬がモチーフで小学生の頃から描いていたという犬の「なーすけ」、プライベートで考え方や性格に影響を与えてくれるという自身の親友からインスパイアされた「そーさん」の3体だ。

大柿ロクロウも「めちゃくちゃ神木ワールド! 誰も思いつかない」と称した個性豊かな3キャラクターを主人公として神木自身が、息を吹き込んでいく。今回のプロジェクト発表にあたって、神木からのコメントは次ページを参照。

  1. 1
  2. 2