兵動大樹が日本初公開のティラノサウルス全身復元骨格に大興奮「この迫力なんやねん!」

エンタメ総合
2021年07月27日
兵動のおっさんぽ

兵動大樹が大阪の近場でも楽しめるスポットを紹介するローカル番組『兵動のおっさんぽ』(カンテレ)の第3弾が8月1日(日)に放送。夏休みにぴったりな“身体を動かしながら学べる”展覧会を特集する。

まずは兵動が大阪南港ATCで開催中の『ティラノサウルス展~T.rex驚異の肉食恐竜~』へ。ティラノサウルスの全身復元骨格が5体、中には日本初公開となる貴重なものもあり、兵動はそのスケールの大きさに「この迫力なんやねん。これは見応えあるわ!」と大興奮。番組では展覧会の監修を務めた福井県立恐竜博物館の研究チームが毎年夏に行っている大規模な発掘調査に密着取材した模様も送る。

続いては大阪・長居公園にある大阪市立自然史博物館で開催中の『アインシュタイン展』。1921年のノーベル物理学賞受賞100年を記念したこの展覧会では、アインシュタインの科学理論を基に国内外の貴重な資料や体験装置、ゲーム、科学玩具を通して、身体を使って楽しみながら学ぶことができる。

最後は、京都市京セラ美術館で開催中の『フランソワ・ポンポン展』。20世紀初頭に革新的なスタイルの動物彫刻を完成させたフランソワ・ポンポン。ロダンの下彫り職人で、遅咲きの星としても知られるポンポンの作品に詳しいアートディレクター・ナカムラクニオ氏と村西利恵アナがナビゲートする。

『ティラノサウルス展』の会場ロケを終えた兵動は「いやぁ~、すごかったです。映像では見ていましたが、実際会場に来てみると全然迫力が違う。めちゃくちゃ面白い! 皆さん、散歩がてらにぜひATCにお越しください!」とPR。データ放送では展覧会のチケットプレゼントも行われる。

番組情報

『兵動のおっさんぽ ~アタマもカラダも動かそう』
8月1日(日)前6・30~7・00(カンテレ・関西ローカル)

この記事の写真