西野七瀬、“俳優”としての覚悟と進化「20代のうちにたくさん怒られたいし、苦しみたい」『情熱大陸』

エンタメ総合
2021年09月03日
『情熱大陸』西野七瀬

9月5日(日)放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系 後11・00~11・30)に、西野七瀬が登場する。

西野七瀬、27歳。2018年に人気アイドルグループ・乃木坂46を卒業し、俳優へと転身。ドラマや映画などに引っ張りだこの中、演技力を着実に身に付け、注目を集めている。

番組の取材が始まったのは昨年10月。人生初のヘアブリーチの理由は、映画「孤狼の血 LEVEL2」の役作りのため。松坂桃李、鈴木亮平、村上虹郎など豪華男性俳優陣が名を連ねる中、西野は女性のメインキャストとして参加した。人の頭を叩き、タバコを吸う。初めて尽くしの役どころに戸惑いながらも、体当たりで挑む姿をカメラは追った。

「仕事をする上で不安がないと、逆に不安になるから、常に不安要素を探している」

ネガティブのようにも思える発言だが、それはとても真摯に仕事に向き合っているからこそ。また大きな挑戦となったのが、実力者が集まる劇団☆新感線の公演「月影花之丞大逆転」。初めての舞台で、古田新太、阿部サダヲらベテラン俳優に囲まれながらも、西野は臆することなく存在感を発揮する。

「20代のうちにたくさん怒られたいし、苦しみたい」

変化を恐れず、目の前のことに全力で向かっていく西野の“俳優”としての覚悟に迫る。

この記事の写真(全10枚)

<西野七瀬 プロフィール>
●にしの・ななせ
1994年大阪府出身。2011年、17歳の時に乃木坂46の1期生オーディションに合格し、2015年より雑誌「non-no」の専属モデルとしても活躍。2018年、乃木坂46を卒業して以降、俳優として多くのドラマ、CM、バラエティ番組に出演。話題映画への出演も続き、注目を集めている。
ホラー映画は苦手だが、怖い話を読むことが癒やしと話し、「ランド」「イムリ」「プラネテス」など、通好みな漫画を愛する27歳。

『情熱大陸』
MBS/TBS系
2021年9月5日(日)後11・00~11・30

©MBS