声優・花澤香菜、人生初の密着取材「『君の声は特別だよ』って初めて認めてもらえたのがうれしくて」『Real Folder』

エンタメ総合
2021年09月04日

今の時代を牽引する若きスターたちに密着取材したドキュメンタリー番組『Real Folder』が動画配信サービス「Paravi」で独占配信スタート。『情熱大陸』を手掛けたスタッフによる番組の記念すべき第1回は、声優の花澤香菜が登場する。

これまで300本以上のアニメ作品に携わり、女性声優の人気ランキングでトップに立つ花澤。透明感があり何にでもなれる”妖精”のような声。その活躍は今や、声優業のみにとどまらず、メディアへのゲスト出演もひっきりなしで、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組から歌手活動まで多岐に渡る。

花澤が自身の最大のギフトであり、武器であり、何よりの魅力である「声」にどうやって気づき出会い、それを磨いていったのか語られるシーンがある。「好きだけどあまり向いてない」「ずるずる子役を続けていた時代」を経て、高校卒業時に芸能活動を辞めようと決意したこと。その際に初めて声について褒められて声優の仕事に懸けてみようと思った時のことを花澤はこう振り返る。

「今まで『君の代わりはいくらでもいるから頑張りなさい』と言われてきたものを『君の声は特別だよ』って初めて認めてもらえたのがうれしくて」

彼女の「声」の可能性に懸け、飛躍の後押しをした人物として、アニメーション監督の新海誠監督にもインタビュー。彼女自身も「転機となる作品」として名前を挙げていたアニメーション映画『言の葉の庭』での雪野百香里役抜擢の裏側が語られる。

新海監督はオーディションの様子を「自分にないものに熱心に手を伸ばそうとしているような花澤さんの気配を感じ、僕自身も何か違うものが欲しいと思っていた時に、お互いが持っているもの同士を教え合えるかもしれないと思った」と、花澤の起用はある種の賭けだったことを明かす。

また、心のバランスを崩している不安定な雪野を演じるにあたり、彼女が靴を左右反対に履いて役作りに臨んでいた姿を「それがお芝居の中に微かな違和感を入れていたのかもしれない」と回想し「雪野がどんな女性なのか最後には花澤さんに教えてもらえた」と語る。

今、声優人気は爆発的に高まる一方で、その志願者も増加の一途をたどっているが、プロの責任感、厳しさを見せつけられる場面もあった。アフレコが終わるまでは逃げ出せず、キャラクターを通して何より”今”の自分自身と向き合わざるを得ない密室空間「精神と時の部屋」。常に自身の”限界”を試し、向き合うタフさ、これまでの実績や常識、経験値を適宜チューニングしていくような柔軟さが容赦なく求められるシビアな世界だ。花澤は「アニメの中に広がっている世界を自分で想像してその中でしゃべってるようにしないと分かる人には分かってしまう油断ならないところ」こそが声優の楽しさだと言い切る。

常に闘い、自分自身を疑いながらも自らが獲得していった「自信」を今度は人を楽しませるために惜しげもなくどんどん還元していこうとする彼女がこれから新たに漕ぎ出す先にどんな景色が広がっているのか。

『Real Folder』
配信ページ:https://www.paravi.jp/title/74960

<配信日/出演者>
8月25日(水)後6・00~/花澤香菜
9月8日(水)後6・00~/黒羽麻璃央
9月22日(水)後6・00~/ハラミちゃん
10月6日(水)後6・00~/三吉彩花

この記事の写真

©MBS