二宮和也「パズドラ」新TVCMで竹中直人、南野陽子と共演【コメントあり】

エンタメ総合
2021年11月09日

二宮和也が出演するスマートフォン向けパズルRPG「パズル&ドラゴンズ」の新TVCMが11月9日(火)より放映開始。竹中直人と南野陽子も出演し、二宮とCM初共演を果たす。

今回放映開始された新TVCMは、「パズドラ党/料亭にて」篇と「パズドラ党/党首討論」篇。「パズドラでもっと明るい日本を」と一念発起した二宮が政治の世界を志すシリーズの最新作だ。

“パズドラ党”党首として見事に初当選を果たした二宮が、超大物政治家を相手に駆け引きを挑むストーリー。「パズドラ党/料亭にて」篇では、竹中が政界の“ドン”として、「パズドラ党/党首討論」篇では、南野が有力政党の党首として登場し、共にCM初共演となる二宮と絶妙な掛け合いを見せる。

撮影で竹中は、スタジオに入る段階からユニークなポーズで歩いたり、わざと軽いトーンでセリフを話したりと、常に周囲を笑わせながらスタジオの空気を明るくし、二宮が差し出した“贈り物”を受け取るシーンでは、ピカピカに磨き上げられた金塊に「指紋をつけてやる~」と手で触るしぐさを見せるなど、ベテラン俳優のイメージを覆すいたずらっぷりにスタッフが慌てる一幕も。さらに、二宮が演技をするシーンでは、自身のセリフがないにもかかわらず「ボクも合いの手を入れましょうか?(笑)」とジョーク交じりに進言し、二宮が「撮影が終わらなくなっちゃうから…(笑)」とツッコミを入れる場面も見られた。

一方、「パズドラ党/党首討論」篇で、パズドラに興味がなさそうな態度から一転、エキスパート級の技を披露するシーンに臨んだ南野は、パズドラ上級者の手つきを研究する中、二宮に対し「すっごく上手なの~?」と声を掛けてレクチャーを依頼。二宮は「そんなことないですよ」と謙遜しながらも、国内トップクラスともいえる技術と経験を生かしながら「ボクならこんな感じでやりますね」と、理想的なフォームを南野に伝授。パズドラトークに花が咲く中、南野は「本格的にやり始めたらハマりそう…」と笑顔を見せながら10コンボを成功させるシーンの撮影に挑戦、二宮の指導のおかげでスムーズにOKテイクとなった。

出演者 インタビュー

◆二宮さんはパズドラ党党首、竹中さんは大物政治家として、共演された感想をお聞かせください。

二宮:率直に、うれしいですね。ドラマもそうだし映画もそうだし、バラエティーもそうだし…ついにはCMまで! 共演させていただくとは思ってもみなかったので、うれしかったです。
竹中:私もとてもうれしかったですよ。だって、(二宮さんはかつて)息子の役を演じてくださった方ですからね。なんかお父さんになったような気持ちにもなるし…ちょっと和んじゃいましたね、撮影現場で(笑)。最高な時間でした! また芝居を一緒にやりたいなって、さっきも話しました。
二宮:CMという短い時間ですが、撮影していくうちに「また共演したいね」って話しました。昔から流れている空気感があるので、懐かしかったという気持ちが大きかったです。

◆南野さんは政党の党首を演じますが、これから撮影に臨む意気込みを教えてください。

南野:どんな党首になるのかな…って、まだドキドキしているんですけど。二宮さんをどのように威圧するのか、逆に押され気味になるのか…ちゃんと戦いたいと思ってますけどね。衣装はちょっと“昭和感”がありますけど…張り切ってます!(笑)

◆大先輩である竹中さん、南野さんとCMで初共演すると聞いた時、二宮さんはどんな気持ちでしたか?
二宮:うれしいですし…誤解されるかもしれないけど、やっぱり楽チンですよ、先輩たちがいてくれて。ついていくだけですから。「なるほどなるほど」って現場でついていけるのはありがたいですね。「やった~! ラッキー!」みたいな感じが強かったですね(笑)。

◆二宮さんと南野さんはCM以外を含めても初共演ということですが、お互いの印象をお聞かせください。
二宮:“初”…ですよね?
南野:本当に長くやってるんですけど、なかなか(共演する機会が)なくて…。(二宮さんの姿を見て)「あ、本物だ!」って思いました(笑)。
二宮:いえいえ、待って! それはこっちのセリフです、完全に!(笑)
南野:本当に楽しみにしてきたので、今からの撮影にとってもワクワクしてるんですけど、(二宮さんは)この(インタビューの)コメントも“隙がない”と思いました(笑)。
二宮:いや、ドキドキしてましたよ。(南野さんを)ずっとテレビで見ていたっていうこともそうですし、変わらない印象なんですよ、まったく。“アイドルの大先輩”な感じがしてますね。ビジュアルも変わらないし、マインドというか気持ちも変わらずに、常に新鮮な印象なので。今日お仕事をさせていただくというのが、ドキドキしてました。

◆竹中さんは約20年前にも二宮さんと共演したそうですが、そのころと現在の雰囲気は違いますか?
竹中:全然変わってないなぁ。段階別にお会いしているので、ニノの歴史を年を重ねるごとに見させてもらって、直接感じさせてもらっているので。全然変わってないですよ。ちょっと乱暴じゃなくなっちゃったのが切ないですけど(笑)。
二宮:“大人になった”ってことですよね?
竹中:オヤジ、何やってんだよ! とか、よく言われてたんで(笑)。大人になっちゃって、ちょっと寂しいけど…全然変わってないな。親子関係を演じたのは、とても豊かな時間でした。他人とは思えないですね。

◆竹中さんと南野さんはパズドラCMの出演オファーを受けて、とても前向きだったそうですね。
竹中:パズドラという、ある種の作品だと考えて、ニノとコラボできて、そして南野さんとコラボできる。とても楽しみでしたね。それも数々の映画を送り出してきたこの撮影所でCM撮影ができるというのは、映画的な興奮も感じましたし、(料亭の)セットも見事でした。どんな作品になるのか楽しみです。
南野:今までのパズドラのCMもすごく見てきたし、外に出れば若い方もスーツを着た方もパズドラをプレイしているのを見てきたので、「私も参加させてもらえるの?」となったら前向きな気持ちになりました。

◆“パズドラ党”党首の二宮さんから竹中さんと南野さんに、パズドラの魅力をお伝えいただけますか。
二宮:ストーリーも増えましたし、ダンジョンが積み上がっていくのもあるんですけど…月曜日のダンジョンとか火曜日のダンジョンとか、日曜、土曜とかあって、曜日によって違うんです。パズドラは5色なんですけど、3色ダンジョンがあったりとか。始めたばかりの人でも分かりやすいダンジョンもあるので、どこにいこうかなんて、楽しめると思います。
竹中:なんか夢中になっちゃいそうですね。ちょっとハマっちゃったら怖いなと思います。もう集中して、とんでもないことになりそうな気も…。ドキドキしてます。
南野:「昨日やったからいいや」じゃなくて、また日が変われば何曜日の…とか、困っちゃいますね(笑)。私は普段ボ~っとしている方なので、ゲームの速さについていけないんじゃないかしら…っていう怖さはあったんですけど、今回CMに出させてもらえるので、自分でやってみようと思って。どうしよう、これから。この冬怖くなる!(笑) ずっとやってて「時間です」って言われても、「ちょっと待って」ってやめられなくなりそう(笑)。
二宮:そう、ずっとプレイできちゃうんですよね。モンスターの素材は明日出てくるとか言われると、またドキドキしちゃうんですよね。あと「3人でワイワイ」っていうのもあって、離れていてもこの3人でできるんです。

◆“パズドラ党”党首の二宮さんから、2022年に向けての意気込みをお聞かせください。
二宮:来年はパズドラ10周年という記念すべき年となります。“パズドラ党”党首としていろんな企画を考えていきますので、ぜひご期待ください!

この記事の写真