松本潤が「ニッポンの嵐」で訪れた島根県海士町を再訪『未来をつくる島ホテル』1・15放送

エンタメ総合
2022年01月05日
松本潤

嵐・松本潤が旅人として登場する『第31回JNN企画大賞「未来をつくる島ホテル」』が2022年1月15日(土)後4・00からJNN(TBS)系列28局で放送されることが決定した。

『JNN企画大賞』は、JNN(TBS)系列28局で毎年放送されている企画制作番組。系列各局から企画を募り、協議会の審査を経て1作品を最優秀に選出。 第26回(2016年)までは「JNN共同制作番組」としてドキュメンタリー番組が制作されてきたが、2017年の第27回からは「JNN企画大賞」として、見応えある企画番組が選ばれており、今年度で31回目となる。

今回舞台となるのは、本土からフェリーで3時間、日本海の宝島といわれる隠岐諸島の一つ、島根県海士町。人口2300人の小さな離島は、移住者の積極的な受け入れや、島留学による高校改革など、人の交流を核とした先進的な町づくりで全国的に有名な「挑戦の島」だ。

ホテル「Entô(エントウ)」

その海士町に2021年夏、旅の新たな価値を世界に発信するホテルがオープンした。ホテルの名前は「Entô(エントウ)」。都市から遠く離れた 島(=遠島)で、ありのままの自然に向き合い、島に暮らす人々と触れ合うご縁を得る(=縁島)との意味が込められた「Entô」は、町が22億円の予算を投じた町政最大の挑戦であり、島の未来を懸けたプロジェクトだ。

ホテルを運営するのは地元の島民と、ホテルの夢に参加した移住者たち。コロナ禍による厳しい逆境の中で、彼らはこのホテルからどんな新たな旅の価値を提案するのか。ホテルの船出までの1年に密着取材し、誕生までのストーリーを追った。

「Entô」の青山敦士代表

そして、海士町とゆかりのある松本潤が“旅人”として11年ぶりに島を再訪し、「Entô」に宿泊。松本は2010年、嵐のメンバーが日本各地を5人5様に訪ね、旅を通じて日本の魅力を再発見する「ニッポンの嵐」プロジェクトで海士町を訪れた。その際、松本と同い年の「Entô」の青山敦士代表が島を案内し意気投合。ひと昔前の海士町を知り、今の海士町の姿に触れた松本が青山代表と語り合い、感じた「未来の旅のカタチ」とは。

番組情報

『第31回JNN企画大賞「未来をつくる島ホテル」』
BSS山陰放送/TBS系
2022年1月15日(土)後4・00~4・54

公式ホームページ:https://www.bss.jp/tv/shimahotel/

この記事の写真

©BSS