中村倫也主演「人数の町」9・4公開!出入りは自由だが離れることができない“町”とは… | TV LIFE web

中村倫也主演「人数の町」9・4公開!出入りは自由だが離れることができない“町”とは…

映画
2020年06月18日

 中村倫也主演の映画「人数の町」が、9月4日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて公開決定した。

 河瀨直美監督を審査員長に迎え、2017年に発表された第1回木下グループ新人監督賞で、準グランプリを獲得した本作。松本人志出演の「バイトするならタウンワーク」のCMやMVなどを多数手掛ける荒木伸二が、初の長編映画に挑戦した。

 主演を務めるのは、中村倫也。そして令和版『東京ラブストーリー』の赤名リカ役が話題の石橋静河、本作が映画初出演となる立花恵理、『映像研には手を出すな!』に出演中の山中聡など、フレッシュな面々が顔を揃える。

 物語の舞台は衣食住が保証され、セックスで快楽を貪る毎日を送ることができ、出入りも自由だが、決して離れることはできない、という謎の“町”。借金で首の回らなくなった蒼山(中村)がその“町”の住人となり、そこで出会う人々との交流を経て“町”の謎に迫っていく新感覚のディストピア・ミステリーだ。

 また、「部屋に入ったらこの町のガイドであるバイブルを熟読すること」という謎の文字列が印象的なポスターと、場面写真も解禁。顔に傷を負った中村、黄色のつなぎを着た山中、水着姿で腕を組む立花、キスをしようとする中村と石橋など、意味深な画像で埋め尽くされたポスターは、好奇心を刺激するビジュアルとなっている。

 主演の中村にとっても、最初はどう言葉にして説明すれば良いのかわからなかったという本作。だが「時間が経って、撮影当時のことなども思い出していくと、『もしかしたらちょうど今、世に出るべき作品なのかもしれないな』と感じています。僕にとって早く観てもらいたい作品、というより、早く反応を知りたい作品、です」と語っている。コメントの全文は、以下を参照。

<中村倫也 コメント>
こういった角度の矢印を持った日本映画は、今まで無かったかもしれません。完成した作品を観たとき、この作品をどう言葉にして説明すれば良いのか、考えさせられました。
時間が経って、撮影当時のことなども思い出していくと、「もしかしたらちょうど今、世に出るべき作品なのかもしれないな」と感じています。僕にとって早く観てもらいたい作品、というより、早く反応を知りたい作品、です。

<作品情報>
「人数の町」
2020年9月4日(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

脚本・監督:荒木伸二
出演:中村倫也 石橋静河 立花恵理 橋野純平 植村宏司 菅野莉央 松浦祐也 草野イニ 川村紗也 柳英里紗 / 山中聡

配給:キノフィルムズ

<あらすじ>
借金取りに追われ暴行を受けていた蒼山は、黄色いツナギを着たヒゲ面の男に助けられる。その男は蒼山に「居場所」を用意してやるという。蒼山のことを“デュード”と呼ぶその男に誘われ辿り着いた先は、ある奇妙な「町」だった。

<WEB>
公式HP:https://www.ninzunomachi.jp

©2020「人数の町」製作委員会