8・14公開「ファヒム パリが見た奇跡」本予告映像&ポスタービジュアルが解禁 | TV LIFE web

8・14公開「ファヒム パリが見た奇跡」本予告映像&ポスタービジュアルが解禁

映画
2020年06月20日

 8月14日(金)公開の「ファヒム パリが見た奇跡」から、本予告映像とポスタービジュアルが解禁された。

 政治難民の少年・ファヒム(アサド・アーメッド)がチェスチャンピオンを目指す感動の実話を映画化した本作。母国バングラデシュからわずか8歳で政治難民として移り住んだパリで、数々の壁を打破しながら自らの力で力強く未来をつかんでいく姿を描く。

 チェスのトップコーチ・シルヴァン(ジェラール・ドパルデュー)の下で腕を磨き、フランスの全国大会への参戦を決意するファヒムだったが、彼を待ち受けていたのは“難民”への厳しい対応だった。

 予告編では、さまざまな社会や国の事情に翻弄されながらも「ママに約束したんだ、僕が迎えにいくって」と、自分が勝つことで再び家族が一緒に暮らすことができると信じ、夢のため、生きるために必死でチェス盤と向かい合うファヒムの姿が描かれている。

 併せて公開されたポスターには、ファヒムが真剣にチェスの勝負をする姿が。彼を包む暖かなオレンジカラーが、「その⼀手に希望を乗せて」というキャッチコピーとともに、ファヒムを信じて支える周囲の人々の愛情を表現するかのような、温かで優しい未来を感じさせるものとなっている。

<動画>
「ファヒム パリが見た奇跡」予告編

<作品情報>
「ファヒム パリが見た奇跡」
2020年8月14日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
監督:ピエール=フランソワ・マルタン=ラヴァル 
出演:ジェラール・ドパルデュー、アサド・アーメッド、ミザヌル ラハマン、イザベル・ナンティ

後援:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、ユニフランス 
提供:東京テアトル、東北新社
配給:東京テアトル/STAR CHANNEL MOVIES

<あらすじ>
少年ファヒムと父親は母国バングラデシュを追われ、家族を残してパリにやってくる。フランスに到着してすぐ、強制送還の可能性に怯えながら、亡命者として政治的保護を求める戦いが始まる。そんな中、チェスの才能を持つファヒムはフランス国内で最も優秀なチェスのコーチの1人、シルヴァンに出会う。警戒心と魅力の間で揺れ動きながら、彼らは互いを知り、次第に友情を築いて行く。チェスのフランスの国内大会が始まる一方でファヒムは強制送還の脅威にさらされる。解決策はただ1つ。フランス王者になることだった。

©POLO-EDDY BRIÉRE.