吉野北人の宮崎弁に一同「萌え~」『私がモテてどうすんだ』公開 | TV LIFE web

吉野北人の宮崎弁に一同「萌え~」『私がモテてどうすんだ』公開

映画
2020年07月11日

映画「私がモテてどうすんだ」

映画「私がモテてどうすんだ」公開記念舞台あいさつが無観客の会場で行われ、吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、神尾楓珠、伊藤あさひ、山口乃々華(E-girls)、富田望生、奥野壮(男劇団 青山表参道X)、平沼紀久監督が参加。イベントの模様は、全国290館の劇場でライブビューイング中継された。

吉野は「ハッピーになれる楽しい作品になっています。ぜひハッピーな気持ちになっていただけたらうれしいです」とあいさつ。

神尾の番になると、始めは真面目なトーンであいさつしていたが、突然「盛り上がっていますかー!」と中継先の観客に向けて大声でコール&レスポンスをあおり、その様子にキャストたちも大盛り上がり。

続いて山口が「無事公開できたことも、皆とこうしてこの場に立てていることもうれしく思います」と話すと、富田が「こういった状況の中、作品が公開されるということで、あらためて公開を待つ作品は凛々しくて力強いものだと思いました。思い切り楽しんでいただきながら、ザワザワ、ムハムハとしていただけたらなと思います」と本作で演じたヒロイン・花依のコメントを引用して今の心情を語った。

伊藤は「楽しんでますか?」と中継先の観客たちに呼びかけると「聞こえてきますね。全国の皆さんにライブビューイングでお会いできてすごくうれしいです」と笑顔。

そして、丸刈りヘアで登場した奥野は「(撮影のため)髪はなくなりましたが、こんな状況の中公開できたこと、そして劇場に足を運んでくださった皆さんにありがとうと伝えたいです」と語った。

  1. 1
  2. 2
  3. 3