連作スタイルの長編映画「蒲田前奏曲」主演が伊藤沙莉&瀧内久美に決定!9・25公開 | TV LIFE web

連作スタイルの長編映画「蒲田前奏曲」主演が伊藤沙莉&瀧内久美に決定!9・25公開

映画
2020年07月15日

連作スタイルの長編映画「蒲田前奏曲」の公開日が、9月25日(金)に決定。伊藤沙莉と瀧内公美が各短編で主演を務めることが解禁され、コメントも到着した。

本作は、「飢えたライオン」で主演を務めた松林うららが自身の地元である蒲田を舞台にプロデュース、出演もする長編映画だ。今年3月に行われた第15回大阪アジアン映画祭では、クロージング作品として上映。各短編で伊藤沙莉、瀧内公美と注目の若手実力派女優がそれぞれに主演を務める。

監督には中川龍太郎、穐山茉由、安川有果、渡辺紘文という、日本映画界の若手実力派が集結した。物語は、売れない女優マチ子の眼差しを通して、“女”であること、“女優”であることで、女性が人格をうまく使い分けることが求められる社会への皮肉を、周囲の人々との交わりを介在しながら繰り広げられる。これを4人の監督が各自の手法でコミカルに描き、1つの連作長編として仕上げていった新しいタイプの作品だ。

今回の出演にあたり、伊藤は「私は呑川ラプソディに参加させて頂きました。ハンナという女性にどう寄り添えば良いか、またこの女性の強気の裏にある不器用さ、寂しさをどう表現しようかとても迷い、悩みましたが自分なりの『蒲田前奏曲〜ハンナ編〜』を頭に描きつつ、また一方で女友達の前での自分はこの中だったら誰だろう、、と自分を誰に投影するかを楽しみつつの撮影でした」と明かした。

瀧内も「わたしの作品は#metoo、セクハラに関することが題材で、わたし自身はそれに対してぼんやりとした認識しかなかったので、難しいかもと感じました。ですが、うららさんとお話ししていくうちに、この題材についてもっと深く考えたいと思い、撮影に参加しました」と、撮影に臨んだ際の思いを語っている。

プロデュース・出演を務める松林は、「窮屈な日本で、現実と立ち向かう女性がこの作品には描かれているので、観てくださった方がフィクションの垣根をこえて、身の回りのことを再度考えるきっかけになれば幸いです。4人の描くそれぞれのテーマと作品をお楽しみください」と、メッセージを寄せた。それぞれの全文と監督4名からのコメントは、次ページを参照。

また、本作の宣伝費支援のためのクラウドファンディングも7月15日(水)より開始した。オンライン試写会やイベントなど、魅力的が特典が用意されている。詳細はクラウドファンディングページを参照。

  1. 1
  2. 2
  3. 3