大女優を彷彿とさせる期待の新星・芋生悠の魅力に迫る!「ソワレ」特別映像が解禁 | TV LIFE web

大女優を彷彿とさせる期待の新星・芋生悠の魅力に迫る!「ソワレ」特別映像が解禁

映画
2020年08月25日

8月28日(金)に全国公開の映画「ソワレ」より、村上虹郎と共にW主演に挑んだ芋生悠の魅力に迫る特別映像が解禁された。

本作は、センシティブな感性で唯一無二の世界観を作り出す新鋭・外山文治がオリジナル脚本で挑んだ長編映画。主人公・翔太役に類稀なる吸引力で日本映画の台風の目になりつつある実力派俳優の村上と、タカラ役には100人以上のオーディションから抜擢された芋生の2人をW主演に迎え、若い男女の切ない逃避行を映し出している。

芋生が演じたタカラは、父親から想像を絶する暴力を受け、トラウマを抱えながら、ひっそりと高齢者介護施設で働く女性。怒ることも、笑うことなく、何かを諦めたように、ただ静かに日々を繰り返すだけの生活を送っていた。そんな中で翔太と出会い、ある事件をきっかけに逃避行へ走る、という複雑な事情を抱えた難しい役どころだ。

今回解禁された映像では、芋生が村上と実演したというオーディション当時の思い出や撮影当時を振り返りながら、本作への出演を「出会うべくして出会った作品」「自分にとって必然だった」と明かしている。

本作で初めて映画プロデュースに挑んだ豊原功補は、芋生のことを「令和においては非常に貴重な女優」と絶賛。同じくアソシエイトプロデューサーとして名を連ね、自身も女優として活躍し続けてきた小泉今日子も「『青春の殺人者』の原田美枝子さんとか、そういうたくましさや強さが見える。こういう女優さんに久々に出逢った」と、儚くもありながら、どこか力強さを感じさせる、芋生の世界観に魅了されたようだ。

タカラ役を芋生に演じてもらうことに一番のこだわりを持っていたという外山監督は、「クランクインする前に芋生しかいないと思って(脚本を)書いた」と、アテ書きするほどの期待を寄せていたという。W主演として共に本作を引っ張っていった村上からも「(タカラ役は)芋生さんしかいなかった」「この映画の魅力」と、共演者として最高と言える賛辞が贈られている。

国内外で活躍する外山監督、俳優として第一線で活躍し続けてきた豊原と小泉、そして同世代で俳優として実力を認められる村上。あらゆる人物から賛美の声が贈られる芋生が本作で一体どんな芝居を見せているのか、ますます期待が高まる。

<動画>

映画『ソワレ』特別映像<新星・芋生悠の魅力>

<作品情報>

「ソワレ」
2020年8月28日(金)より全国公開

監督・脚本:外山文治
出演:村上虹郎 芋生悠
岡部たかし 康すおん 塚原大助 花王おさむ 田川可奈美
江口のりこ 石橋けい 山本浩司

後援:和歌山県、(公社)和歌山県観光連盟
協力:御坊日高映画プロジェクト、和歌山市
配給・宣伝:東京テアトル

<WEB>
公式サイト:https://soiree-movie.jp/

© 2020ソワレフィルムパートナーズ