永作博美&井浦新らが“役を積む”姿を捉えた「朝が来る」メイキング写真&撮影秘話公開 | TV LIFE web

永作博美&井浦新らが“役を積む”姿を捉えた「朝が来る」メイキング写真&撮影秘話公開

映画
2020年10月18日

10月23日(金)に全国公開の映画「朝が来る」より、永作博美・井浦新・蒔田彩珠らが“役を積む”瞬間を切り取ったメイキング写真が解禁され、撮影秘話も公開された。

本作は、直木賞・本屋大賞受賞作家の辻村深月によるヒューマンミステリーを、「あん」「光」の河瀨直美監督が実力派キャストを揃えて映画化し、カンヌ国際映画祭公式作品「CANNES 2020」に正式に選出された作品。

実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の少女を繋ぐ「特別養子縁組」によって、新たに芽生える家族の美しい絆と胸を揺さぶる葛藤を描く。

出演は、実の子を持つことが叶わなかった夫婦、栗原佐都子役に永作博美、栗原清和役に井浦新。望まぬ妊娠をし、実の子を育てることができなかった少女・片倉ひかり役に蒔田彩珠。栗原夫婦とひかりを引き合わせる人物・浅見静恵役を浅田美代子が演じるなど、実力派俳優が人間の真実に踏み込む演技で圧倒する。

そしてこの度、解禁されたメイキング写真では、特別養子縁組あっせん団体による説明会のシーンで赤子をあやす永作と井浦や河瀨監督自らがカメラを持って撮影する姿、永作と朝斗役を演じた佐藤令旺、蒔田と浅田がそれぞれ本当の親子のように寄り添う楽しげな様子が切り取られた。

このシーンでは、NPO法人「ベビーバトン」の代表を演じた浅田が、役者ではなく一般人からの、台本にない質問に1時間ほど答え続けたという。「河瀨監督には嘘(お芝居)は通用しないから」と語る浅田は、特別養子縁組のすべてを頭にたたきこみ、撮影に挑んだそうだ。また、このシーンでは、実際に特別養子縁組によって子供を迎えた養親が登場する。本物の言葉や強さを感じられる、注目すべきシーンだ。

14歳の少女・ひかりの奈良での生活を切り取ったカットには、地元の中学に通う制服姿の蒔田や、ひかりの家族を演じた中島ひろ子、平原テツ、駒井蓮の姿も。

河瀨組では、登場人物が経験してきたこと、これから経験するであろうことを役者たちがリアルに体験する時間が設けられ、それを河瀨監督は“役を積む”という。そのことから、なんと蒔田は実際に奈良の中学校に一定期間通い、卓球部にも所属した。

その中学校には、後に彼氏となる麻生巧(田中偉登)も同様に通っていたが、付き合うシーンを撮影するまでは話すことを禁止されていたという徹底ぶり。

この経験を経た蒔田は、「話すことはなかったけど、そこに(田中が)居ることは意識していた」と明かす。まさに付き合う前の男女の距離感までもを生み出しており、それが活きていることが容易に想像できる。

さらに、劇中で2人が付き合い、ひかりに妊娠が発覚したシーンの撮影後、彼女の両親が巧の家に行き、娘と別れてほしいと頭を下げるという場面もカメラを回さずに経験したそうだ。

他にも、カメラが回っていない時でも劇中の家族で一緒に生活していたことから、いざ撮影が始まるという時に、ひかりの母・貴子を演じた中島が、蒔田の劇中衣装を誤って洗濯してしまうこともあったという。そんなトラブルも、本物の家族のように過ごす時間があった河瀨組ならではのエピソードといえるだろう。

撮影にあたり、東京・栃木・奈良・広島・横浜など、河瀨映画史上最多のロケーションとなった本作。ひかりがわが子を養子として栗原家に授けるシーンを撮影する前、浅田は広島に来ていた修学旅行中の中学生を偶然見て、「ひかりもこの中にいるはずだったのに、あの子は今から生んだ子を手放さないといけない」とリアルに考え、カメラが回っていないのに涙を流すこともあったという。

まさに、シーンメイキングというよりも“役を積む”瞬間を切り取った、「役を生きる」ということを感じられるメイキング写真と撮影秘話になっている。

<作品情報>

「朝が来る」
2020年10月23日(金)全国公開

監督・脚本・撮影:河瀨直美
原作:辻村深月「朝が来る」(文春文庫)
共同脚本:髙橋泉

出演:永作博美 井浦新 蒔田彩珠 浅田美代子
佐藤令旺 田中偉登/中島ひろ子 平原テツ 駒井蓮
山下リオ 森田想/堀内正美 山本浩司 三浦誠己 池津祥子 若葉竜也 青木崇高/利重剛

製作:キノフィルムズ・組画
配給:キノフィルムズ/木下グループ

<WEB>

公式HP:http://asagakuru-movie.jp/

©2020「朝が来る」Film Partners