岡田准一の言動にツッコミどころ満載…!「ザ・ファブル」爆笑メイキング映像公開 | TV LIFE web

岡田准一の言動にツッコミどころ満載…!「ザ・ファブル」爆笑メイキング映像公開

映画
2020年12月18日

2021年全国公開の映画「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」より、岡田准一演じるファブルが偽名の佐藤アキラとして働くバイト先・オクトパスでの爆笑メイキング映像となった。

2019年の公開時には累計130万人以上を動員する大ヒットを記録した、映画「ザ・ファブル」。その度肝を抜くアクション、キャスト、ハッピーな笑い、ストーリーすべてをバージョンアップした新作「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」が、2021年2月5日(金)に全国公開される。

どんな相手も6秒以内に仕留めるという伝説の殺し屋“ファブル”(岡田准一)は、ボス(佐藤浩市)から「一年間、誰も殺すな。一般人として“普通”に生きろ」と命じられる。それにより佐藤アキラという偽名を使って、相棒・ヨウコ(木村文乃)と共に一般人のフリをして生活することに。

「プロの一般人」を極めるべく、デザイン会社・オクトパスにてアルバイトをすることになったアキラ。イメチェンした同僚のミサキ(山本美月)を見て社長の田高田(佐藤二朗)は「まっ!眩しいぃ!太陽かいな〜!!」と大げさに褒め、社員の貝沼(好井まさお)は「似合ってんな〜!」とベタ褒めするが…。

一方、世間とはズレた感覚を持つアキラは髪型の変化に気づくどころか、「ブラジルサンゴヘビと同じカラーリングや」とミサキが着ていた赤白黒のカラーのニット姿を独特な言語センスで表現してしまう。

困惑するミサキを横目に「とても綺麗な毒蛇なんだが…」と、なぜかうっとりした表情を浮かべるアキラ。その様子に思わず呆れる田高田という、ツッコミどころ満載のひと幕を捉えた映像だ。

「相変わらずアドリブだらけですごいなと思います(笑)」と撮影を振り返った山本美月の言葉通り、その後もどこまでがセリフでどこからアドリブなのかまるでわからない佐藤二朗の一人芝居が繰り広げられていく。ミサキのことを手にとったチラシと呼び間違え「チラシ〜!」と呼ぶNGシーンには、思わず山本も笑みを隠せない様子が見て取れる。

まさに「ファブル」の笑いの要、癒やしの象徴であるオクトパスのシーンを岡田は「オアシス」と呼び、このシーンまでに数々の過酷なアクションシーンを撮影してきた江口カン監督は「やっとオクトパスのシーンになった〜!!」と朝イチで喜びを口にしていたという。

キャスト・スタッフにとってもまさに“オアシス”なオクトパスのシーンは、前作からの同じ俳優陣によるチームワーク抜群のコミカルな掛け合いに大爆笑必至だ。

<動画>

「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」メイキング映像

<作品情報>

「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」
2021年2月5日(金)全国公開

出演:岡田准一
木村文乃 平手友梨奈 安藤政信
黒瀬純 好井まさお 橋本マナミ 宮川大輔
山本美月 佐藤二朗 井之脇海 安田顕 佐藤浩市
堤真一

原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社「ヤンマガKC」刊)
監督:江口カン
企画・製作:松竹×日本テレビ

配給:松竹

<WEB>

公式サイト:https://the-fable-movie.jp/
公式Twitter:@the_fable_movie

©2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会