「東京リベンジャーズ」北村匠海、山田裕貴、吉沢亮らの熱い思いが伝わる特別メイキング映像公開

映画
2021年07月29日

公開中の映画「東京リベンジャーズ」より、主題歌を歌うSUPER BEAVERの「名前を呼ぶよ」の楽曲に乗せた特別メイキング映像が解禁された。

原作は「週刊少年マガジン」で連載中の和久井健による漫画「東京卍リベンジャーズ」。3月に累計発行部数1,000万部を突破したばかりだが、重版を重ね、現在では累計発行部数2,500万部を超える大ヒットに。

4月から始まったアニメは、定額制配信サービスで上位に位置し続け、Netflixでは『全裸監督 シーズン2』を押さえてランキング1位、YouTubeでの予告編再生数は1,700万再生超。そんな本作の実写映画が、7月9日より公開された。

7月29日に開催された「『東京リベンジャーズ』大ヒット御礼!東リベの夏は終わらない!舞台挨拶」で初披露された「SUPER BEAVER 「名前を呼ぶよ」MV~映画『東京リベンジャーズ』ver.~」。熱い思いを胸に秘めて撮影に臨んだキャストたちのメイキング映像と本編映像を、クランクインからクランクアップまでつなぎ合わせた映像となっている。

クランクイン当日、主人公・タケミチ役の北村匠海、ドラケン役の山田裕貴、マイキー役の吉沢亮が撮影した映像をモニターで見ながら談笑する様子や、キヨマサ役の鈴木伸之とのけんか賭博シーン、タケミチの人生唯一の彼女・ヒナタ役の今田美桜とのほほ笑ましいやりとりなども収録。

さらに、アッくん役の磯村勇斗と屋上で仲むつままじく話す北村の姿や、笑顔を絶やさず撮影を全力で楽しむキャスト陣の姿も。

そして、新型コロナウイルス感染拡大の影響で撮影中断となっても、感染防止対策を徹底しながら撮影を再開していく姿に、本作に懸ける思いの強さが伝わってくる。クランクアップ当日の北村が「2、3ぐらいまでいかないとタケミチを演じ切れない。マジでお願いします!」と続編を早くも熱望する姿も映し出されている。

2020年3月15日のクランクインから2021年1月17日のクランクアップまでの、「東京リベンジャーズ」を完成させるという、本作に携わった人々の熱い気持ちが映像に乗り移っており、涙なしでは見られない映像に仕上がっている。

映画「東京リベンジャーズ」
公開中

原作:和久井健『東京卍リベンジャーズ』(講談社『週刊少年マガジン』連載中)
監督:英勉
脚本:髙橋泉

出演:北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗/間宮祥太朗/吉沢亮

主題歌:SUPER BEAVER「名前を呼ぶよ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト:tokyo-revengers.jp
公式Twitter:@revengers_movie #東京リベンジャーズ
公式Instagram:@revengers_movie

この記事の写真

©和久井健/講談社 ©2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会